米ヤフー、新CEOの下で大規模組織再編を発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2009年02月27日 07時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooの新最高経営責任者(CEO)であるCarol Bartz氏は、同社サービスのユーザーのニーズへ、より迅速かつ明快に対応できるようにとの願いから、同社組織の再編を発表した。

 Bartz氏は米国時間2月26日、同社の公式ブログ上で、「Yahooの成長を加速させることになると確信する、新たな経営体制の構築に着手することとなった」と記している。具体的な再編の内容としては、Yahooは、これまで築き上げてきたもののうち、いくつかの組織を廃止し、より顧客のニーズに重きを置いた、新たな部門が立ち上げられている。

 Bartz氏は、「Yahoo社内の人間にとっては、今回の新組織は、あらゆる物事が一層シンプルに進むようになることを意味している。これまでの忌まわしき停滞は過去のものとなって、より迅速な決定を下すことが可能となり、さらなる顧客へと焦点を合わせた取り組みが実現する。毎日、Yahooを利用しているユーザーにとっては、思わず『すばらしい』と声を上げるような、より良い製品が提供されることになるだろう」と述べている。

 1つの大きな変化としては、これまで最高財務責任者(CFO)を務めてきたBlake Jorgensen氏が、後任の決定次第、Yahooを去ることになると発表されている。

 今回の再編は、Bartz氏が、Yahooの共同創設者であるJerry Yang氏から、1月にCEO職を引き継いで以来、最初の大きなステップとなる。同社は、これまで長年にわたって、より競争力のある、売り上げのアップにつながる体制の構築へと真剣に取り組んできており、いまや同社は、非常に厳しい経済事情の下で、この課題に直面することを余儀なくされている。

 すでに同社は、後任のCFO採用を目指して動き始めているという。Jorgensen氏は、業務の引き継ぎが終了するまでは、今後もCFO職にとどまることが発表されている。

 今回の再編に伴う、さらなる詳細な変更点には、以下のようなものがある。

  • Yahooは、商品開発および技術開発部門を統合し、最高技術責任者(CTO)に加えて、製品部門のエグゼクティブバイスプレジデントも兼任するAristotle Balogh氏が、同部門を率いることになる。Balogh氏の下で、新部門は、グローバルに展開するYahooの全製品の「展望、戦略、クオリティを管轄する」ことになるという。Balogh氏は、Bartz氏に直属する。
  • Yahooの各種コンテンツおよびサービスを含む製品提供分野では、新たに北米担当と国際担当という、2部門の組織構造が設立される。Hilary Schneider氏が、北米地域全般を担当する新部門のトップに就任し、他の地域全般を担当する国際部門のトップは「これから新たに採用されることになる」と発表された。どちらのトップも、Bartz氏に直属する。これまでYahooは、北米、欧州、アジア太平洋地域、エマージング市場を担当する、それぞれ異なった部門を設けていた。
  • Yahooは、これまでNetwork Applianceにおいて、コーポレートマーケティング部門のシニアバイスプレジデントを務めていたElisa Steele氏を、新たに採用することとなり、Steele氏は、最高マーケティング責任者(CMO)に就任する。
  • これまで商品開発部門を率いていたAshish Patel氏は、新たに製品アーキテクチャおよびエバンジェリスト部門を率い、Balogh氏に直属する。「Balogh氏の部門では、Yahooの全般的な製品戦略、アーキテクチャ、ポートフォリオの立案および決定が行われることになる」と発表されている。
  • David Ko氏は、新たにSchneider氏に直属する、モバイル部門のトップへと昇進する。この分野は、これまでMarco Boerries氏が担当してきた。「今後もモバイルは、Yahooにとって重要度の高い分野である」と、同社は説明している。
  • 最近までFirst DataのCTOであったDavid Dibble氏は、2008年12月にYahooに採用され、今回の再編で、同社コンピューティングインフラストラクチャ部門のサービスエンジニアリングおよび営業チームを率いることとなった。Dibble氏は、Bartz氏に直属する。
  • 依然としてYahooは、顧客担当の活動グループを率いるのにふさわしい人物の、新たな採用を目指している段階である。同グループでは、サイトユーザーおよび広告主という、2大顧客のリクエストに応じるためのサポート提供が行われる。このエグゼクティブは、Bartz氏に直属する。
  • David Windleyは人事部門を、Michael Callahan氏は法律部門を率いることになり、Joel Jones氏は、Bartz氏直属のチームトップに就任する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算