編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグル、Chromeブラウザの最新ベータ版をリリース

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-03-18 12:43

 Googleは米国時間3月17日、Google Chromeブラウザの最新ベータ版をリリースした。ソフトウェアと言えば、安定しているが時代遅れか、最先端だがクラッシュが多いかのどちらかになる傾向があるが、今回のベータ版は両者のバランスが良く取れている。

 今回新たに追加された機能としては、グラフィックやテキストの拡大、縮小が可能なズーム機能、ウェブサイトのフォームに情報を再入力する手間を省く自動入力機能、タブをドラッグしてウィンドウの外に新しいページを開くタグドラッグ機能などが挙げられる。Googleによると、今回の新ベータ版は基本的にChrome 2.0.169.1と同じだという。Chrome 2.0.169.1は先週、Chromeのよりテスト回数の少ないバージョンを提供するためのDeveloper preview channel向けにリリースされた。

 しかし、Googleがこの最新ベータ版を発表するブログ投稿の中で特に強調しているのは、JavaScriptのパフォーマンスがさらに向上している点だ。Chrome担当プロダクトマネジャー、Brian Rakowski氏はブログ投稿の中で次のように述べている。

 「(新ベータ版は)現在のステーブル版と比較し、V8ベンチマークテストでは25%、SunSpiderベンチマークテストでは35%高速化している。また、最初のベータ版との比較では、速度がほぼ倍増している」

 JavaScriptはGoogle Docsなどの高度なウェブアプリケーションの開発や、無数に存在するより一般的なウェブサイトの改良に利用されており、Google、Mozilla、Apple、Operaは競うように、自社ブラウザのJavaScriptへの対応力向上に努めている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]