編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

マイクロソフト、.NET Micro Frameworkのコードを一般公開へ

文:Matthew Broersma(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:編集部

2009-05-12 13:05

 .NET Micro Frameworkのデベロッパーチームを対象に含む一連のレイオフを実施したMicrosoftが、同技術のソースコードへのアクセスをユーザーおよびデベロッパーに提供する意向だ。

 Microsoftは米国時間5月7日、同社が5日に実施したレイオフの対象に.NET Micro Frameworkチームが含まれていたこと、そして、.NET Micro Framework関連の取り組みが.NET Frameworkチームに統合されることを認めた。

 .NET Micro Frameworkは、時計やコーヒーメーカーなど、小型または電力消費が小さく、完全な.NET Frameworkや.NET Compact Frameworkをサポートできない機器向けに設計されている。

 レイオフの実施後、Microsoftは.NET Micro Frameworkのビジネスモデルを変更する計画を明らかにした。この計画には、開発およびサポートをより大きな規模でデベロッパーコミュニティーに委ねる案も含まれているが、Microsoftはまだ具体的な詳細は公表していない。

 .NET Micro Framework担当のデベロッパーマネージャーであるLorenzo Tessiore氏は7日、ブログ記事の中で、「私たちは、ランタイムとオブジェクトモデル、さらにドライバのソースコードへのアクセスを認めることで、デベロッパーコミュニティーに製品の今後の定義付けと開発に携わってもらう予定だ」と述べた。

 Tessiore氏によると、今回のソースコード公開に関してのライセンスは、必ずしもオープンソースの定義に当てはまるものではないという。

 「わたしたちは現在、この取り組みに関するルールを策定しているところだ。開発活動を統制するためのプロセスと、幅広いライセンスの両方を提供できることを望んでいる。そうすることで、デベロッパーは必ずしもコミュニティーに貢献しなくても、コードベースを利用できるようになるからだ」とTessiore氏は述べた。

 一般的に、オープンソースの定義を満たすライセンスは、コードに変更を加えた人に対し、変更点をコミュニティーに還元することを求める。

 Microsoftは声明の中で、.NET Micro Frameworkの配布によるロイヤリティーは排除し、移植キットを無償で提供すると述べた。

 既存顧客へのサポートは、今後も継続して実施する。また、MSDNサイトにあるフォーラムも存続する。Microsoftによると、新モデルへの移行後、新しい顧客のサポートはデベロッパーコミュニティーが担当するという。

 Microsoftによれば、MSN Directチームも先週のレイオフの影響を受けたが、同チームは.NET Micro Frameworkベースの機器へのサービスを今後も継続して提供するという。MSN Directは、.NET Micro Frameworkベースの機器向けに渋滞状況通知や天気予報などの情報を提供する、FMラジオを利用したデジタルサービスだ。

 Microsoftによると、MSN Directチームはこれまでと同じように、.NET Micro Frameworkに関係する携帯機器市場に注力していくという。

 MSN Directチームはこの新しいビジネスモデルを、.NET Micro Framework技術の普及を加速させるチャンスととらえている、とMicrosoftは声明の中で述べた。Microsoftが目指しているのは、非常に小さな機器から高度なサーバまでをカバーするソフトウェア開発を実現できる、均一なプログラミングモデルとツールチェインを作り出すことだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]