編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ライフサイズ、低価格のHDビデオ会議システムを発表

ZDNet Japan Staff

2009-05-21 21:28

 ライフサイズコミュニケーションズは5月21日、デュアルディスプレイ対応のハイディフィニション(HD)ビデオ会議システム「LifeSize Express 200」を発表した。

 同社では、LifeSize Express 200をHDビデオ会議を日本市場で普及させるための戦略的製品として位置づけており、従来製品よりもプライスパフォーマンスを向上させた。組み込み型マイクロフォンを備えた固定焦点カメラつきの「LifeSize Express 200 with Focus」が79万8000円、パンチルトズーム機能付カメラと小型マイクつきの「LifeSize Express 200 with PTZ」が89万8000円(いずれも税別、メーカー希望価格)となっている。

 米LifeSize CommunicationsのCEO 兼 創業者 Craig Malloy氏は、「80万円を切る価格でデュアルディスプレイのビデオとコンテンツをサポートするHDビデオコミュニケーションシステムは業界初だ。Express 200は他社の同等システムと比べると、2倍のプライスパフォーマンスを提供できる」としている。

 LifeSize Express 200は、さまざまなアプリケーションを使った対面型のコミュニケーションが可能で、グローバル企業におけるビデオ会議はもちろん、例えば医師がHDの医療イメージを患者や他の医師とリアルタイムで共有することや、教師が世界中の学生に対してHDで講義することもできる。

 新型インフルエンザが世界的に広がり出張を控える企業も多い中、ビデオ会議の需要は高まっており、「LifeSize製品の引き合いも増えてきている」と、LifeSize Express 200の国内総販売代理店である日立ハイテクノロジーズ ITソリューション営業本部 本部長 日置範行氏は言う。Malloy氏は、「日本でのHDビデオ会議市場は今後も成長するだろう。2009年度(1〜12月)は、日本市場において10%のシェアを獲得したい」と述べた。

LifeSize Express 200 with Focus LifeSize Express 200 with Focus

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]