編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

グーグル、「Android 2.0」の一部内容を明らかに--Google I/Oカンファレンス

文:Tom Krazit(CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-05-28 10:35

 サンフランシスコ発--Googleは米国時間5月27日、「Android 2.0」で可能になる事項の一部を同社カンファレンスGoogle I/Oで発表した。

 GoogleのVic Gundotra氏は、ロックされていないAndroid端末をGoogle I/O参加者に無償配布すると発表し、大きな喝采を浴びた。その陰に隠れてしまったが、Android 2.0(開発コード名「Donut」)に採用されるAPIについても発表された。

 例えば、Androidアプリケーションの開発に検索APIが使えるようなる。これにより、ウェブとデバイスを検索してコンテンツやアプリケーションを探せるようになり、アプリケーションの起動も検索結果から可能になる。これは、Appleが「iPhone 3.0」の検索機能で計画していることと一部似たところがある。また、Googleは、Android 2.0において、楽曲リストにある曲の頭出しをタイトルの最初の文字を入力するだけで可能にすることも試みている。

 別のAPIでは、アプリケーションの開発にテキストの音声変換エンジンの利用が可能となるため、入力された文を翻訳し、電話のスピーカーで再生することができるようにもなる。

 さらに、GoogleはAndroid Developer Challengeの第2ラウンドを発表した。Androidユーザは今回、アプリケーションに投票する機会が与えられており、投票は評価全体の45%を占める。Googleが選出した審査員の投票は評価全体の55%を占める。審査は11月の終了を予定している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]