編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

脆弱性データベース「JVN iPedia」が機能強化--類義語検索などが可能に

吉澤亨史

2009-06-19 13:11

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は6月18日、脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」に、類義語検索機能、脆弱性の詳細説明の表示機能、言語別のコンテンツ表示機能などを追加した。

 2007年4月より公開されているJVN iPediaは、国内で利用されているソフトウェアの脆弱性の概要や対策情報などを集めた脆弱性対策情報データベース。6月18日時点で、国内製品開発者から収集したもの74件、Japan Vulnerability Notes(JVN)から収集したもの659件、米国のNational Vulnerability Database(NVD)から収集したもの5657件、合計6390件の脆弱性対策情報を登録している。月間アクセス件数は約40万ページビューとなっている。

 まず、検索時に用意されたチェックボックスをチェックすることで、セキュリティ用語や製品名の略称など約170件の類義語を利用した検索ができるようにした。また、JVN iPediaが使用している19件の脆弱性タイプについて、脆弱性の簡易な解説、発生時期、一般的な影響、脆弱なコード例、発見された事例などの情報も表示するようにした。

 このほか、国内外の利用者の利便性を考慮し、ブラウザの言語設定に応じて日本語版のページと英語版のページを選択表示する、言語別のコンテンツ表示機能の追加や、RSSオートディスカバリ機能に対応した。ブラウザでJVN iPediaのトップページにアクセスすると、RSSファイルが自動的に検出されるようになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]