編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ノベル、売却計画の噂を否定するも火種は消せず

文:Matt Asay(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-06-23 17:27

 先週、Novellが自社事業の一部または全部を売却する計画を立てているという噂が流れた。この噂は、J.P.MorganのアナリストであるJohn DiFucci氏が、Novellの最高財務責任者(CFO)Dana Russell氏のコメントを誤って解釈してしまったことに端を発する。DiFucci氏は、Russell氏がNovellの「現在の低い評価を考慮し、株主の価値を最大にするために、会社の一部分割または全部を売却する可能性を検討した」と示唆していた。

 Novellはその後、この話を否定している。だが、それほどこの件の結論を急ぐべきではない。

 The RegisterのTimothy Prickett Morgan氏が示唆しているように、会社が資産の売却について「絶対にないと言えるはずなど、絶対にない」のである。特にNovellに至ってはこれまで、収益を生む事業を成長させるのに努力してきた企業である。

 もっともNovellは、重点分野を拡散させてしまう上に、何よりも重要な売り上げの改善に貢献しない「Groupwise」などの資産がある。その点NovellのLinuxおよびIDマネジメント事業は可能性がある。一方で、「Workgroup」事業は四半期ごとに縮小が続いている。

 Novellが売却されるという噂を打ち消すRussell氏の行動は正しい一方、現実として、Novellはいくつかの主要資産の売却を検討するべきだし、Novell自身も検討している可能性はあるだろう。そうでなければNovellの今取っている行動は愚かに見える。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]