編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Windows 7、日本国内の提供価格が正式発表

冨田秀継(編集部)

2009-06-26 10:00

 マイクロソフトは6月26日、次期コンシューマ向けOS「Windows 7」の国内での提供価格を発表した。

 価格は全てオープンだが参考価格は、Windows 7 Ultimateは通常版が3万8800円、アップグレード版が2万6800円。Windows 7 Professionalは通常版が3万7800円、アップグレード版が2万5800円。Windows 7 Home Premiumは通常版が2万4800円、アップグレード版が1万5800円。

 Windows 7アップグレード版の対象となるOSはWindows Vistaで、Windows XPからアップグレードする場合は設定やデータなどが引き継がれない新規インストールとなる。

 なお、同社は合わせて「Windows 7 優待アップグレード」「Windows ありがとう」キャンペーンも開始。法人向けには2月20日から「法人様向け ”Windows 7 先行優待キャンペーン”」を実施していたが、この期間を8月31日まで延長する。

 (詳細は追って掲載します)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]