MSKK、Windows 7の日本での販売価格とキャンペーン施策を発表--でも、発売日は?

ZDNet Japan Staff 2009年06月26日 19時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6月26日、次期コンシューマー向けクライアントOS「Windows 7」の日本国内における提供価格を正式発表するとともに、発売に向けたキャンペーン施策を発表した。

 既報(関連記事:Windows 7、日本国内の提供価格が正式発表)のとおり、参考価格は、ホームユーザー向けの「Windows 7 Home Premium」が、通常版で2万4800円、アップグレード版で1万5800円。ドメイン管理のネットワーク参加機能やWindows XP用アプリケーションを仮想マシン上で動作させる「XPモード」といったビジネスユーザー向け機能が利用できる「Windows 7 Professionl」が、通常版で3万7800円、アップグレード版で2万5800円。上記2エディションのすべての機能に加えて、ドライブ暗号化機能「BitLocker」や多言語対応機能を備えた「Windows 7 Ultimate」が、通常版で3万8800円、アップグレード版で2万6800円。なお、主にネットブック向けとされている「Windows 7 Starter」については、OEMによるPCプレインストールの形式でのみ提供される。

 なお、「アップグレード版」を利用できるのは、Windows XPおよびWindows Vistaの各エディションのユーザーとなる。ただし、インストールされたアプリケーションや各種の設定を引き継いだ「アップグレードインストール」が可能なのはWindows Vistaのみで、Windows XPからは、これらが引き継がれない「新規インストール(クリーンインストール)」でのアップグレードとなる。

 Windows Vistaでは、店頭販売されるパッケージとして「Home Basic」「Home Premium」「Business」「Ultimate」といった4つのエディションがあり、含まれる機能の組み合わせもそれぞれに異なっていたが、Windows 7では、上位のエディションが、下位のエディションの機能をすべて内包するよう切り分けられており、より選択が容易になった。また、この価格設定について、同社では「Home Premiumにおいて、Vistaよりも4000円〜5000円ほど安くなっており、ProfessionalについてもBusinessと同等の価格で、使える機能は増えている」とする。

Windows 7パッケージ製品価格 本日発表された、日本での「Windows 7パッケージ製品価格」

 また同日、パートナーとの連携によるアップグレード推進施策として「Windows 7 優待アップグレード」キャンペーン、「Windows ありがとう」キャンペーンの2つの施策を発表した。

 「Windows 7 優待アップグレード」キャンペーンは、2009年6月26日から製品発売日の前日までの期間中にWindows VistaプレインストールPCおよびDSP版、もしくはVistaのパッケージ製品を購入したユーザーが、対象製品のアップグレード版を優待価格で入手できるもの。プレインストールPCに関するキャンペーンは、各PCメーカーにより提供される(関連記事:国内PCメーカー各社、 Windows 7アップグレードキャンペーンを開始)。期間中に販売されるパッケージ製品に関しては、優待アップグレードキャンペーン対象製品であることを示すステッカーが添付される。購入ユーザーは、キャンペーンサイトから申し込みを行い、実費3000円を支払うことで、発売日以降に「Windows 7」該当エディションのメディアを入手できる。

PCプレインストール版Vista向けの優待アップグレードキャンペーンはPCベンダー各社から提供される PCプレインストール版Vista向けの優待アップグレードキャンペーンはPCベンダー各社から提供される
パッケージ版の対象製品にはこのステッカーが添付されている パッケージ版の対象製品にはこのステッカーが添付されている

 一方の、「Windowsありがとう」キャンペーンは、キャンペーンパートナーとなっているオンラインショップ(17店舗)限定で、優待価格での先行予約を受け付けるもの。期間は、2009年6月26日から7月5日までの10日間で、キャンペーン価格はWindows 7 Home Premiumアップグレード版が7777円。Windows Professionalアップグレード版が1万4777円となっている。

 そのほか、2月20日から開始している法人顧客向けWindows 7先行優待キャンペーンを、8月末まで延長することも発表している(関連記事:MS、企業向けに「Windows 7」の先行優待キャンペーンを実施)。

堂山昌司氏 マイクロソフト、代表執行役副社長コンシューマー&オンライン事業部担当の堂山昌司氏

 マイクロソフト、代表執行役副社長コンシューマー&オンライン事業部担当の堂山昌司氏は、「ベータ版の提供、RC版の提供とそこでのフィードバックの反映を経て、Windows 7はこれまでの製品以上にユーザーやPCベンダーの声を反映した製品になっている」と、その完成度に自信を見せた。

 なお、本日の日本法人による発表はキャンペーン施策と価格についてのものであり、米国本社から「10月22日予定」と発表された「日本での発売日」について、日本法人としては、まだ正式に発表していない。日本法人では、パートナー各社と調整の上、発売日や64ビット版パッケージの販売形態などについても、追って詳細を発表するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算