編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

MSKK、Windows 7の日本での販売価格とキャンペーン施策を発表--でも、発売日は?

ZDNet Japan Staff

2009-06-26 19:10

 マイクロソフトは6月26日、次期コンシューマー向けクライアントOS「Windows 7」の日本国内における提供価格を正式発表するとともに、発売に向けたキャンペーン施策を発表した。

 既報(関連記事:Windows 7、日本国内の提供価格が正式発表)のとおり、参考価格は、ホームユーザー向けの「Windows 7 Home Premium」が、通常版で2万4800円、アップグレード版で1万5800円。ドメイン管理のネットワーク参加機能やWindows XP用アプリケーションを仮想マシン上で動作させる「XPモード」といったビジネスユーザー向け機能が利用できる「Windows 7 Professionl」が、通常版で3万7800円、アップグレード版で2万5800円。上記2エディションのすべての機能に加えて、ドライブ暗号化機能「BitLocker」や多言語対応機能を備えた「Windows 7 Ultimate」が、通常版で3万8800円、アップグレード版で2万6800円。なお、主にネットブック向けとされている「Windows 7 Starter」については、OEMによるPCプレインストールの形式でのみ提供される。

 なお、「アップグレード版」を利用できるのは、Windows XPおよびWindows Vistaの各エディションのユーザーとなる。ただし、インストールされたアプリケーションや各種の設定を引き継いだ「アップグレードインストール」が可能なのはWindows Vistaのみで、Windows XPからは、これらが引き継がれない「新規インストール(クリーンインストール)」でのアップグレードとなる。

 Windows Vistaでは、店頭販売されるパッケージとして「Home Basic」「Home Premium」「Business」「Ultimate」といった4つのエディションがあり、含まれる機能の組み合わせもそれぞれに異なっていたが、Windows 7では、上位のエディションが、下位のエディションの機能をすべて内包するよう切り分けられており、より選択が容易になった。また、この価格設定について、同社では「Home Premiumにおいて、Vistaよりも4000円〜5000円ほど安くなっており、ProfessionalについてもBusinessと同等の価格で、使える機能は増えている」とする。

Windows 7パッケージ製品価格 本日発表された、日本での「Windows 7パッケージ製品価格」

 また同日、パートナーとの連携によるアップグレード推進施策として「Windows 7 優待アップグレード」キャンペーン、「Windows ありがとう」キャンペーンの2つの施策を発表した。

 「Windows 7 優待アップグレード」キャンペーンは、2009年6月26日から製品発売日の前日までの期間中にWindows VistaプレインストールPCおよびDSP版、もしくはVistaのパッケージ製品を購入したユーザーが、対象製品のアップグレード版を優待価格で入手できるもの。プレインストールPCに関するキャンペーンは、各PCメーカーにより提供される(関連記事:国内PCメーカー各社、 Windows 7アップグレードキャンペーンを開始)。期間中に販売されるパッケージ製品に関しては、優待アップグレードキャンペーン対象製品であることを示すステッカーが添付される。購入ユーザーは、キャンペーンサイトから申し込みを行い、実費3000円を支払うことで、発売日以降に「Windows 7」該当エディションのメディアを入手できる。

PCプレインストール版Vista向けの優待アップグレードキャンペーンはPCベンダー各社から提供される PCプレインストール版Vista向けの優待アップグレードキャンペーンはPCベンダー各社から提供される
パッケージ版の対象製品にはこのステッカーが添付されている パッケージ版の対象製品にはこのステッカーが添付されている

 一方の、「Windowsありがとう」キャンペーンは、キャンペーンパートナーとなっているオンラインショップ(17店舗)限定で、優待価格での先行予約を受け付けるもの。期間は、2009年6月26日から7月5日までの10日間で、キャンペーン価格はWindows 7 Home Premiumアップグレード版が7777円。Windows Professionalアップグレード版が1万4777円となっている。

 そのほか、2月20日から開始している法人顧客向けWindows 7先行優待キャンペーンを、8月末まで延長することも発表している(関連記事:MS、企業向けに「Windows 7」の先行優待キャンペーンを実施)。

堂山昌司氏 マイクロソフト、代表執行役副社長コンシューマー&オンライン事業部担当の堂山昌司氏

 マイクロソフト、代表執行役副社長コンシューマー&オンライン事業部担当の堂山昌司氏は、「ベータ版の提供、RC版の提供とそこでのフィードバックの反映を経て、Windows 7はこれまでの製品以上にユーザーやPCベンダーの声を反映した製品になっている」と、その完成度に自信を見せた。

 なお、本日の日本法人による発表はキャンペーン施策と価格についてのものであり、米国本社から「10月22日予定」と発表された「日本での発売日」について、日本法人としては、まだ正式に発表していない。日本法人では、パートナー各社と調整の上、発売日や64ビット版パッケージの販売形態などについても、追って詳細を発表するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]