編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Windows 7の「Windows XPモード」がもたらす10個の明るい展望

文:Brien Posey(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2009-08-11 08:00

 Windows 7(Professional/Enterprise/Ultimateエディション)では「Windows XPモード」(以下、XPモード)という一風変わった新機能が利用可能になる予定である。これによって、互換性の問題に悩まされることなくWindows XPのアプリケーションを実行できるようになるのである。本記事では、XPモードがもたらす利点を挙げるとともに、この機能の持つ重要性を解説している。

 Windows 7において最も期待が寄せられている機能の1つにXPモードがある。この機能は、新しいバージョンの仮想化ソフトウェアを利用することで、Windows XPの仮想デスクトップ環境から、もしくはWindows 7のデスクトップ環境から、シームレスなかたちでWindows XPアプリケーションにアクセスできるようにするものである。以下では、こういったXPモードの利点を挙げている。

#1:互換性の問題が解決される

 ほとんどのITプロフェッショナルがWindows Vistaに対して抱いている最大の不満として、ハードウェアおよびソフトウェアにおける、悪名高い互換性問題を挙げることができる。Windows 7のXPモードを用いることで、アプリケーションの互換性問題を気にすることなくWindows XPアプリケーションを実行できるようになるのである。

#2:切望されていたVirtual PCのアップグレードが提供される

 Virtual PCはかなり前から提供されており、バージョンアップ毎に改善されてきているものの、まだまだ改善の余地が残されている。新バージョンにおける改善点の中には、仮想マシンからコンピュータの物理ハードドライブ(ホストOSのボリュームも含む)にアクセスする機能が含まれている。

#3:USBのサポートが追加される

 USBのサポートもまた、Virtual PC(XPモードを利用するということはVirtual PCの使用を意味している)において切望されていた改善点である。従来は仮想マシンからUSBドライブにアクセスすることができなかったのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]