編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

富士キメラ総研、SaaS/PaaS市場を調査--大企業は部門導入から全社導入へ

ZDNet Japan Staff

2009-08-10 22:16

 富士キメラ総研は8月10日、SaaSおよびPaaS市場の調査結果を発表した。大規模企業では景気悪化による投資抑制の影響を受け、今後はSaaSおよびPaaSの部門導入から全社導入へと利用が広がると予測。中小企業やSOHOでは、安価かつ短期間で業務アプリケーションが利用可能なことから、徐々に利用が拡大すると予測している。

 富士キメラ総研によると、31の調査対象サービスを集計した結果、2008年度のSaaSおよびPaaS市場は708億円。中規模企業の既存システムからの乗り換えや、大規模企業での部門導入が市場拡大を牽引したと分析している。同市場は2013年度に1551億円と、2008年度の約2.2倍になると予測している。

 ユーザー規模別では、2008年度が1000人以上の大規模企業市場では35%、100〜999人の中規模企業市場では40%と、中規模以上が4分の3を占める。大規模企業は、部門導入からSaaSおよびPaaSの利用を始めるケースが多く、フロントオフィス系や情報系アプリケーションを中心に利用が進んでいるという。2009年度以降は、部門導入から全社導入へとSaaSおよびPaaSの業務適用範囲を広げるユーザーが増えると見込んでいる。

 全体の25%を占める小規模企業は、コスト面がネックとなり業務パッケージやシステム導入を見送っていたが、低コストで業務アプリケーション利用が可能になることからSaaSの導入が増えはじめているという。

調査結果の概要(出展:富士キメラ総研)
2008年度2009年度見込2013年度予測
SaaS市場685億円824億円1341億円
PaaS市場23億円40億円210億円
SaaS/PaaS市場708億円864億円1551億円

サービスカテゴリ別SaaS市場(出展:富士キメラ総研)
分野2008年度2009年度見込2013年度予測
バックオフィス系112億円137億円244億円
フロントオフィス系151億円194億円337億円
情報系212億円251億円414億円
特定用途向け134億円152億円196億円
セキュリティ28億円35億円69億円
業種特価48億円56億円82億円
SaaS市場 計685億円824億円1341億円

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]