編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

三菱UFJニコス、フィッシングサイト閉鎖サービス「RSA FraudAction」採用

ZDNet Japan Staff

2009-08-17 13:26

 RSAセキュリティは8月17日、フィッシングサイト閉鎖サービス「RSA FraudAction」を三菱UFJニコスが採用したと発表した。RSA FraudActionの国内採用企業は32社目となる。

 RSAセキュリティによれば、三菱UFJニコスはセキュリティ整備の一環としてフィッシング詐欺対策に取り組んでおり、今回のRSA FraudAction採用もこの流れの中に位置づけられる。

 RSA FraudActionは、RSAオンライン不正対策指令センター(RSA AFCC)が24時間365日体制でフィッシングサイトの監視や対策を行うフィッシングサイト閉鎖サービス。RSA AFCCは、フィッシングサイトであると疑われるサイトを発見すると、各国のISPらと連携し、不正なウェブサイトの閉鎖に取り組む。

 国内の金融機関では、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、三菱UFJ信託銀行、新生銀行、ゆうちょ銀行、JCB、りそなカードなどがRSA FraudActionを採用している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]