編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ウィンドウ毎のメモリ使用量を50%削減--Windows 7カーネル強化のポイント

杉山貴章(オングス)

2009-08-31 20:07

 「Windows 7は速い」と噂されている。実際にWindows 7 RC版を使ってみても、Windows Vistaと比べてパフォーマンスが大幅に向上していることを実感できる。では、Windows開発チームはどのようにしてこのパフォーマンス向上を実現したのだろうか?

 MicrodoftのSenior Software Development Engineerである中原大介氏は、8月26日に開催された「Tech・Ed Japan 2009」のテクニカルセッションで、カーネルに関連する部分でのパフォーマンス改善のポイントを解説してくれた。

詳細な分析に基づくパフォーマンス改善

 まず、パフォーマンスの鍵となるOS全体のリソース使用量についてだが、詳細な分析を元に「Footprint Reducation」として徹底的な削減を実施したという。ディスクやメモリ使用量、ファイルサイズなどを始めとして実に400項目以上の削減を行った結果、「長いWindowsの歴史の中で初めてOSが小さくなっている」(中原氏)のがWindows 7なのだそうだ。

Footprint Reducationにより小さくなったWindows(画像をクリックすると拡大します) Footprint Reducationにより小さくなったWindows(画像をクリックすると拡大します)

 メモリ使用量に関しても大きく改善されている。中原氏によれば、Desktop Window Managerのアーキテクチャを見直すことで、ウィンドウごとのメモリ使用量を約50%も削減できているそうである。また、レジストリをMemory Mapped FileからPaged Poolに変更することで大幅なパフォーマンスの向上を実現したとのことだ。

 また、ワーキングセットも見直され、システムキャッシュとPaged Pool、システムコードがそれぞれ個別のワーキングセットで管理されるようになった。これによって各プロセス間の影響を最小限に抑え、それぞれのメモリ使用量に応じた最適化が可能になったという。

中原大介氏 中原大介氏

 上記はユーザからは見えない部分、すなわちバックグラウンドで動いているシステムにおけるパフォーマンスの改善である。ユーザから見える部分、つまり実際にユーザーが体験するパフォーマンスについてはどうだろうか?

 この点については、まず300以上のエンドユーザーシナリオを選定し、膨大な量のサンプルを用いて実際のパフォーマンスを計測。その結果を元にそれぞれのシナリオ毎にパフォーマンスのゴールを設定して改善を加えるというアプローチを取った。

 データはカスタマエクスペリエンスプログラムを通して収集しており、リリース間近となった現在も改善を進行中だそうだ。

パワーマネージメントは「Keep idle and stay idle」

 パフォーマンスと並んでWindows 7、Windows Server 2008 R2の大きなポイントとなっているのがパワーマネージメント機能の向上である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]