編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

セキュリティソフトの「落とし穴」とパフォーマンスに対する悪評を払しょく--シマンテック - (page 2)

藤本京子(編集部)

2009-09-17 11:00

 ほかのPCユーザーが持つファイルの種類に関するデータは、ユーザーコミュニティ「Norton Community Watch」から集めたものだ。このコミュニティは、Nortonのインストール時に参加の意思表明が選べるようになっており、現在約3500万人が参加しているという。

 「競合他社はシグネチャ技術をクラウドで提供するなどの手法を取っているが、それは手法を変えて古い技術を提供しているに過ぎない。Symantecではより核心をつく問題に対応したかった。そのため3年かけてQuorumを開発し、新製品の『Norton 2010』で初めて採用した」(Trollope氏)

「速さ」に対するこだわり

 Trollope氏は、これまでのセキュリティソフトは常に「重い」「パフォーマンスが落ちる」「インストールに時間がかかる」といった悪評がつきまとっていたと告白する。そのため、2008年に発表した「Norton 2009」でもパフォーマンスの改善には力を入れ、「インストーラーなどは全く最初から開発し直した」と話す。

 最新版のNorton 2010ではさらに、パフォーマンス調整機能が加わっている。セキュリティには直接関係ない機能だが、過去に「重い」という印象を持たれたソフトを「早くなった」と感じてもらうために、Symantecではあらゆる努力をしているのだ。

 「皆セキュリティソフトを走らせているとパフォーマンスが落ちると思っているが、実際にパフォーマンスが落ちている原因を調べてみると、セキュリティソフトそのものよりも、ひどいコードで書かれたプログラムが要因となっていることが多かった。そこでNorton 2010では、パフォーマンスが落ちたときにどのようなソフトが走っているのか、どれが原因でパフォーマンスが落ちているのか、そしてパフォーマンスを改善するにはどうすればいいのかわかるような機能をつけた」(Trollope氏)

 過去の悪い印象を払しょくするためには、「“改善した”という程度ではユーザーは納得しない」とTrollope氏。そのために最善の手を尽くしたNorton 2010は、「第三者機関であるPassMark Softwareのパフォーマンステストで他社ソフトのパフォーマンスを上回り、一番速いセキュリティソフトとなった。セキュリティソフトがバックで動いていると感じさせないソフトに仕上がった」とTrollope氏は述べ、最新版への自信を見せた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]