編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ビジネスユーザーのための価値あるTwitterユーティリティ10選

文:Jason Hiner 翻訳校正:石橋啓一郎

2009-09-22 08:09

 Twitterが成長・成功した最大の理由の1つは、Twitterチームがサービス開始直後から、ユーザーにサービスの形を変えることを許していたことだ。これは、Twitterコミュニティが、リプライ、retweet、#ハッシュタグなどを作り出したことからもわかる。

 しかし、一番の要因は、Twitterが開発者にオープンなAPIを提供したことだ。これによって、Twitterを改良する異なるツールやユーティリティを作ることで、Twitterを多様な方向に拡張することが可能になった。

 2007年に、Twitterの共同設立者であるBiz Stone氏はReadWriteWebに対して、「疑いなく一番重要なのはこのAPIだったし、これはわれわれがTwitterに対して行ったことの中で、もっとも重要だったことかもしれない。これによって、サービスを非常に単純なものに保ちながら単純なAPIを作成することが可能になり、開発者はわれわれのインフラの上にものを作り、われわれのアイデアよりもよいアイデアを実現することができるようになった」と述べている。

 Twitterが最初にスタートしてから3年経った現在、このAPIを使って開発されたツールは何千何万という数になっており、その多くは非常に便利なものだ。この記事では、ビジネスユーザーに役に立つTwitterツールの私のベスト10をまとめた。

1.Bit.ly

 このURL短縮ツールは、リンクを約20文字に短縮するだけでなく、ユーザーが登録したリンクを記録し、何人がそのリンクをクリックし、何人がそのリンクをretweetし、それらのユーザーがどこから来たかという基本的な分析情報を提供してくれる。

2.Twitpic

 Twitter上で写真を共有するためのツールとして、もっとも人気があるのがTwitpicだ。Twitpicは携帯電話で写真を撮り、それを専用のTwitpic電子メールアドレスに送信するだけで使える。後は、tweetに電子メールの件名を入力すればいい(Flickr2Twitterについても参照して欲しい)。

3.Tweetscan

 Google Alertsを使ったことがあれば、Tweetscanのことは理解できるはずだ。これは、設定したキーワードでTwitterをスキャンし、そのキーワードが使われているすべての情報をまとめて、毎日あるいは1週間に1度メールで送ってくれる。これは、ブランドの追跡に非常に役立つ。ただし、このサービスは無料ではない。1年に20ドルかかる。

4.Twitterfeed

 Twitterはブログ記事やその他のコンテンツの宣伝をするのに適している。もしあなたがブログを持っており、新しい記事を投稿するごとに自動的にtweetを送りたければ、Twitterfeedを使えばいい。このツールにはいくつかの便利なカスタマイズのオプションもある。

5.TwInbox

 もしあなたが多くのビジネスプロフェッショナルと同じように、Microsoft Outlookの世界に住んでおり、Twitterでのやりとりをそこで行いたいのであれば、TwInboxを使えばTwitterをOutlookに統合してくれる。また、この製品は無料だ。このツールは、以前はOutTwitという名前だった。

6.CoTweet

 CoTweetはTwitterを真剣にビジネス利用している企業の、ビジネスワークフロー全体をサポートするものだ。CoTweetを使うと、複数のTwitterアカウントの管理、複数ユーザーによる単一アカウントへのアクセスが可能となり、フォローアップのtweetを従業員に割り当てる、キーワードや動向を監視する、リンクのクリック状況を追跡する、従業員が将来発表するtweetを予約するといったこともできるようになる。このツールは無料ではない(HootSuiteについても参照して欲しい)。

7.TweetStats

 このサイトは、個々のTwitterユーザーに関する統計情報を提供する。対象の人のTwitterユーザー名を入力するだけで、その人がどのくらい頻繁にtweetを書き込んでいるか、いつ書き込んでいるか、誰にリプライしているか、誰のretweetをしており、Twitterへの投稿にどのインターフェースを利用しているかといった、さまざまな統計情報を得ることができる(TwitterGraderも参照して欲しい)。

8.Twuffer

 この無料ツールを使うと、将来投稿するtweetを予約することができる。例えば、私はTwitterに今日の名言を投稿するのが好きなのだが、格言を調べていて、一度にいくつかのいい格言を見つけてしまうことも多い。こんな時、私はTwufferを使ってこれらの格言を何日かに分けて投稿する。

9.Twtpoll

 Twitterを使っていてもっとも便利なことの1つに、質問をクラウドソースしたり、簡単な世論調査を行ったりできるということがある。Twtpollは、簡単に公式な投票を行うことができるツールだ(StrawPollについても参照して欲しい)。

10.Twendz

 もし、あるキーワードがどう見られているかを長期間にわたって調べたければ、Twendsが簡単で役に立つグラフを提供してくれる。このグラフはリアルタイムに更新される(TwazzupTwistTwittercounterについても参照して欲しい)。

 Twitterのツールについてさらに知りたければ、次のページを調べてみるといいだろう。

 @JasonHinerが私のTwitterアカウントだ。技術についての考えを投稿している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]