編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

情シスの次は業務部門のセキュリティ強化--ラック、Eラーニング市場に参入

冨田秀継(編集部)

2009-10-08 11:23

 セキュリティベンダーのラックは10月8日、Eラーニングサービス「セキュリティアカデミー eラーニングコース」を発表した。セキュリティ教育を対象としており、当初は業務部門向けのコースなど2種類を提供。今後、専門家向けコースの提供も予定している。同日より提供を開始する。

 セキュリティアカデミー eラーニングコースで提供されるコースは、「オフィスユーザ向けセキュリティコース」と「情報セキュリティ躾プログラム」の2種類。

 オフィスユーザ向けセキュリティコースでは、「セキュリティ事故は自宅PCからも発生する」「情報漏えいにつながりやすいシチュエーション」「実践的なセキュリティ自己防衛術」「いまさら聞けない個人情報保護のツボ」といったコンテンツが提供され、最後に「理解度チェックテスト」を受講するしくみ。受講時間はEラーニングが75分、問題と解説が30分。価格は1人あたり6000円(税別)。

 情報セキュリティ躾プログラムは、「脅威とセキュリティ対策」「オフィスセキュリティ」「ネットワークセキュリティ」といった内容を学習後、「理解度チェックテスト」を受けるコース。時間はEラーニングで150分、問題と解説で30分。価格は1人あたり9500円(税別)。

情報セキュリティ躾コース 第2章の画面サンプル(出典:ラック)(画像をクリックすると拡大します) 情報セキュリティ躾コース 第2章の画面サンプル(出典:ラック)(画像をクリックすると拡大します)

 ラックは、情報システム部門のセキュリティ教育に加えて、業務部門のユーザーや新入社員向けセキュリティ教育のニーズが高まっているとの認識。セキュリティアカデミー eラーニングコースの提供で、従業員が国内外に広く分散している企業や、従業員数が多く集合研修の実施が困難な企業のセキュリティ向上を支援したい考えだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]