編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

通販システムのコンサルから開発保守まで提供--日立システムの新サービス

冨田秀継(編集部)

2009-11-02 11:56

 日立システムアンドサービス(日立システム)は11月2日、通信販売業を対象に、ウェブを利用した申込受付などのフロントシステム、出荷管理などのバックヤードシステム、販売予測などを分析するビジネスインテリジェンス(BI)システムを提供する「通信販売業向けトータルソリューション」を発表した。11月16日から販売を開始する。

 日立システムでは、通販業向けウェブシステムの構築実績をもとに、大中規模の通販業でのバックヤードシステムに必要な機能や、BIシステムの機能のテンプレートを開発。これらを利用することで短期間でのシステム構築が可能となり、通信販売業向けトータルソリューションとして、コンサルティングからシステムの企画、設計、開発、保守までをワンストップで提供する。

 通信販売業向けトータルソリューションでは、通販業務での受注、配送、決済、分析といった機能をテンプレートとして一括提供する。そのほか、顧客情報をキーとして購買履歴や問い合わせ履歴などを一元管理できるため、顧客からの問い合わせやクレームなどに迅速に対応できるという。

 日立システムは同ソリューションを、現在販売中の「ECサイト構築パッケージSI Web Shopping」や各社のBIツールと合わせて、大中規模の通販業を対象に、2012年度までに30システムを販売することを目標としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]