編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

日立システム、SaaS事業の営業から構築、運用保守までを担う専門部署を発足

田中好伸(編集部)

2009-10-02 19:53

 日立システムアンドサービス(日立システム)は10月1日、SaaS事業の企画、営業、システムインテグレーション(SI)、運用保守を推進する「SaaS事業推進センタ」を発足させたことを発表した。

 SaaS事業推進センタでは自社運用(オンプレミス)とクラウドコンピューティングを統合した「ハイブリッドインテグレーション」(Hybrid_SI)を提供して、2013年には約100億円の売り上げを目指す。

 Hybrid_SIには、仮想化技術を活用した既存設備のインターナルクラウド、日立グループ内外のデータセンターを利用したプライベートクラウド、ビジネスプロセスのアウトソース対応、従量課金によるSaaS型システムの提供などが含まれる。これらをユーザー企業ごとに最適な形に組み合わせることで、従来の所有型のシステムとクラウドの利用型システムのそれぞれのメリットを活かしたシステムを提供していくとする。

 現在同社がSaaS型で提供しているのは、企業内での知識活用や百科事典検索サービス、統合文書管理など。今後は企業内コラボレーションや会計、人事労務・人材戦略、CRMなどユーザー企業の課題を解決するソリューションの拡大を図っていくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]