編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

日立システム、SAPとチャネルパートナー契約を締結--ライセンス販売から運用までをワンストップで

ZDNet Japan Staff

2009-10-26 15:39

 日立システムアンドサービス(日立システム)は、SAPジャパンと「SAP ERP」のチャネルパートナー契約を締結。企業向けの基幹システムである「SAP ERP」のソフトウェアライセンス販売からシステム構築、保守、運用に至るまでの一貫したサービス提供が可能になったと発表した。

 日立システムは、1994年から日立製作所とともに「SAP R/3」および「SAP ERP」の構築サービスを提供。2006年4月に、SAPジャパンとサービスパートナー契約を締結し、中堅、中小企業市場の医薬品製造業向けにSAP Business All-in-One認定ソリューションである「Specific for Pharma」によるシステム構築を行ってきた。今回のチャネルパートナー契約は、こうした実績を元にしたもので、これにより、これまでのシステム構築サービスに加え、ソフトウェアライセンスの販売が可能となったとする。

 日立システムでは、この契約を機に、社内に専任のサポート部門を新設。コンサルティング、システムの企画、設計、開発、保守、運用に至るまでを、ワンストップで、直接サービス提供する体制を構築したという。

 また、日立システムは、2008年1月にSAP AGに買収された「Business Objects」の日本法人のゴールドパートナーを継承した「SAP BusinessObjects」のチャネルパートナーにもなっており、SAP ERPとSAP BusinessObjectsを組み合わせたSAPアプリケーションに関する幅広いソリューションを提供できるとしている。

 日立システムでは、今後もSAPジャパンとの技術共有や共同マーケティング活動を一層強化し、SAPアプリケーションのさらなる利用拡大を目指すという。SAPアプリケーションの販売とSIサービスの提供を合わせて、2009年度から2012年度までの累計で約150億円の販売を目標としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]