編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

リバーベッド、WAN最適化ソリューションのアプライアンス最新機を発売開始

田中好伸(編集部)

2009-11-04 16:37

 リバーベッドテクノロジーは11月4日、大規模なWAN最適化導入に対応するソリューションとしてアプライアンス「Intercepter 9350」の発売を開始したことを発表した。同日から出荷も開始している。

 Intercepterは、同社のWAN最適化アプライアンス「Steelhead」用クラスタリングデバイス。接続されるSteelheadの規模とパフォーマンスを拡大することで、超大規模データセンターの需要に対応するという。最大25台のSteelheadで構成されるクラスタをシームレスに連動させ、ネットワークのセットアップを簡素化することができる。

 今回新たに発売となったIntercepter 9350は、最大12Gbpsの入出力トラフィックをサポートする。これは従来機と比べて3倍のスループットになる。今回の性能向上で、大規模データセンターの要件に対応したWAN最適化を実現できるとしている。同社の説明によれば、こうした性能は高スループットのデータレプリケーションや災害復旧の設計に重要になるという。

 またIntercepter 9350では、10Gのネットワークインターフェースカード(NIC)に対応し、3枚まで挿入できる。また、最大4つのオンボード・ギガビットイーサネットポートと最大16の追加ギガビットイーサネットポートまでを一緒に設定できるようになっている。

 代理店経由で販売され、価格は350万円前後になるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]