IHIがストレージクラウド環境を構築--IHIエスキューブ、データ集約を推進

冨田秀継(編集部) 2009年11月19日 11時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IHI(旧石川島播磨重工業)グループのシステム開発と運用を担う子会社IHIエスキューブは、ストレージサービスのシステム環境に日本IBMのディスクストレージ製品「IBM XIV Storage System」を採用し、ストレージクラウド環境を構築した。日本IBMが11月19日に発表した。

 システムの導入と構築は日本IBMが担当した。受注金額は非公開だが、XIV Storage Systemの最少構成価格は約6000万円。4月上旬に導入と構築を開始し、10月18日に本番稼働を始めた。

 IHIエスキューブは2005年からグループ内に点在するデータを集約し、一元管理するサービスを開始。その後、ペーパーレス化や個人情報保護、内部統制などに対応するため、データの集中管理の強化を進めていた。

 今回のストレージクラウド環境の構築もその一環で、仮想化技術などを取り入れてサービス環境を再構築し、ストレージクラウド環境として稼働を開始させた。

 同環境は仮想化技術を活用してデータを自動配置するため、ユーザーや管理者はデータの保存領域を意識することなく使用と管理が可能になった。また、提供容量や搭載アプリケーションに応じたストレージ構成を組む必要がなく、ユーザーからの使用要求に対して、従来よりも迅速かつ柔軟に対応することができる。加えて、一括してウイルスチェックを行うため、一定のセキュリティレベルを保つことも可能だという。

 今回採用されたXIV Storage Systemは、障害時に短時間での復旧が可能とされる。日本IBMでは、容量1テラバイトのHDDを復旧させる際に、RAID-5などで組んだストレージシステムでは6~25時間かかるところが、XIV Storage Systemでは約30分で復旧可能で、二次障害の発生確率を低減できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算