編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

IHIがストレージクラウド環境を構築--IHIエスキューブ、データ集約を推進

冨田秀継(編集部)

2009-11-19 11:49

 IHI(旧石川島播磨重工業)グループのシステム開発と運用を担う子会社IHIエスキューブは、ストレージサービスのシステム環境に日本IBMのディスクストレージ製品「IBM XIV Storage System」を採用し、ストレージクラウド環境を構築した。日本IBMが11月19日に発表した。

 システムの導入と構築は日本IBMが担当した。受注金額は非公開だが、XIV Storage Systemの最少構成価格は約6000万円。4月上旬に導入と構築を開始し、10月18日に本番稼働を始めた。

 IHIエスキューブは2005年からグループ内に点在するデータを集約し、一元管理するサービスを開始。その後、ペーパーレス化や個人情報保護、内部統制などに対応するため、データの集中管理の強化を進めていた。

 今回のストレージクラウド環境の構築もその一環で、仮想化技術などを取り入れてサービス環境を再構築し、ストレージクラウド環境として稼働を開始させた。

 同環境は仮想化技術を活用してデータを自動配置するため、ユーザーや管理者はデータの保存領域を意識することなく使用と管理が可能になった。また、提供容量や搭載アプリケーションに応じたストレージ構成を組む必要がなく、ユーザーからの使用要求に対して、従来よりも迅速かつ柔軟に対応することができる。加えて、一括してウイルスチェックを行うため、一定のセキュリティレベルを保つことも可能だという。

 今回採用されたXIV Storage Systemは、障害時に短時間での復旧が可能とされる。日本IBMでは、容量1テラバイトのHDDを復旧させる際に、RAID-5などで組んだストレージシステムでは6~25時間かかるところが、XIV Storage Systemでは約30分で復旧可能で、二次障害の発生確率を低減できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]