編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本IBM、新型Xeonを搭載し約50%の性能向上を実現した中小企業向けx86サーバ発表

ZDNet Japan Staff

2009-11-04 20:25

 日本IBMは11月4日、中小企業や小規模組織向けのx86サーバのエントリーモデルにおいて、1CPUサーバ向けの最新プロセッサ「インテル Xeon プロセッサー3400番台」を搭載したラック型サーバ「IBM System x3250 M3」およびタワー型サーバ「IBM System x3200 M3」を発表した。

 新CPU搭載により性能が従来モデルの約1.5倍となっており、メモリは最大で従来の4倍となる32GBを搭載可能。日本IBMでは、サーバの仮想統合環境における複数アプリケーションの稼働を支援し、小規模な組織の基幹システムとしての活用に最適であるとしている。

 また、両製品には、統合管理のためのチップ「統合管理モジュール」が搭載されており、IBM独自の自己診断機能を付加したハードウェア制御ファームウェア「uEFI」をBIOSに代わって採用することにより、サーバ起動時間の短縮や容易な管理を実現しているという。さらに、ラック型のx3250 M3では、3.5インチと2.5インチのSATA HDDおよびSAS HDDを搭載でき、既存資産の活用が柔軟に行えるとする。

 各製品の価格は、ラック型のIBM System x3250 M3が21万円より。タワー型のIBM System x3200 M3が11万6000円より。価格はいずれも税別で、11月11日から出荷が開始される。

IBM System xラック型の「IBM System x3250 M3」(左)と、タワー型の「IBM System x3200 M3」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]