編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

中堅・中小市場で日立のJP1が高評価--ノークリサーチ調査

冨田秀継(編集部)

2009-10-28 11:59

 ノークリサーチは、中堅・中小企業での運用管理および資産管理アプリケーションの利用シェアと評価調査報告をまとめ、分析結果を公開した。パッケージ製品は今後、ASPおよびSaaS形態の長所を取り入れる形で進化すると予測している。

 本調査は2009年6月〜9月にかけて、年商5億円以上〜500億円未満を中心にした国内の民間企業を対象に実施された。対象地域は日本全国、サンプル数は5000社で有効回収票は1480件だった。

パッケージはサービスの長所を取り込みながら進化と予測

 本調査によれば、中堅・中小企業の運用管理および資産管理アプリケーションの導入形態は、パッケージ形態が93.3%、独自開発システムが6.5%、ASPおよびSaaS形態のサービスが0.2%。

運用管理および資産管理アプリケーションの導入形態比率(出典:ノークリサーチ) 運用管理および資産管理アプリケーションの導入形態比率(出典:ノークリサーチ)

 パッケージ形態の比率が高いことについて、ノークリサーチでは、この分野の製品はハードウェアの情報を取得しなければならず、独自開発システムで新しいハードウェアに対応し続けることは困難、そのため必然的にパッケージの比率が高くなると分析している。

 パッケージ形態が比率上は他の形態を圧倒する一方で、ASPおよびSaaS形態のサービスも登場している。ノークリサーチではパッケージもASPおよびSaaSも、ユーザーから見ればブラウザで管理するという点は変わらないとの認識。そのため、ユーザーにASPおよびSaaS形態を利用しているという自覚がなく、形態比率シェアに現れにくい面があるという。

 また、今後は遠隔監視サービスの提供といったASPおよびSaaS形態の長所をパッケージが取り込みながら進化していくと予測している。

JP1、Systemwalkerなど上位4製品でシェア7割を占める

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]