編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

富士通、ITILベースのアプリケーション変更管理を自動化する運用管理ツール

ZDNet Japan Staff

2009-10-20 17:35

 富士通は10月20日、企業内データセンターにおいてアプリケーションの変更作業を自動化するソフトウェア「Systemwalker IT Change Manager」の販売を開始した。

 同製品では、大量のサーバやアプリケーションを運用する企業内データセンターにおいて、サーバやアプリケーションの構成を自動収集し、混在する実行環境に応じたアプリケーションの適用を自動化できる。ITILをベースとした運用管理手法において定義されている「サービス移行」の分野を受け持つ製品だ。

大西真吾氏 富士通、ミドルウェア事業本部 システムマネジメント・ミドルウェア事業部事業部長の大西真吾氏

 富士通、ミドルウェア事業本部 システムマネジメント・ミドルウェア事業部事業部長の大西真吾氏は、ITシステムの近年のトレンドとして、「コスト削減やリソースの有効活用を目的に、クラウドコンピューティングを視野に入れた、企業内システムのデータセンターへの集約が進んでいる」とした。一方で、データセンターを運用管理する担当者の作業負荷は増大していると指摘。混在するアプリケーション実行環境を扱うにあたって、高い管理ノウハウが必要となり、アプリケーションの変更作業に起因するトラブルの発生リスクも高くなっているとした。

 さらに、アプリケーションに対する変更の適用頻度も高くなっており「従来の運用管理手法では対応できなくなってきている」と言う。

 Systemwalker IT Change Managerでは、こうした問題に対応するため、企業内データセンターの複雑化した構成を自動的に収集し、構成管理データベース(CMDB)で管理する。アプリケーション修正の適用時には、CMDBの構成情報からアプリケーションを実行しているサーバを抽出し、自動的に適用するため、人為的なミスの発生リスクを低減できるという。

 また、本番環境への適用のために開発部門から運用部門へ受け渡されたアプリケーションが、間違いなく適用されているかどうかについては、アプリケーションを構成するファイル名、更新日時、サイズだけでなく、「Finger Print」と呼ばれるハッシュ値も合わせて使って照合する。そのため、正しいアプリケーションが確実に適用されたことを証明できるという。

 アプリケーション変更に伴って発生するこれらの情報は、ワークフローによる申請や承認の履歴とともに保存される。保存情報と本番環境の状況を定期的に比較することで、未承認な変更の検出や、変更前の環境の復旧も可能だ。

 対応するアプリケーションの実行環境は、富士通のJ2EEベースのアプリケーション基盤「Interstage」と、マイクロソフトの「.NET Framework」。今後、IBM WebSphereやOracle WebLogicなどにも対応予定としている。

 Systemwalker IT Change Managerの価格は、マネージャ用のプロセッサライセンスが150万円より、エージェント用のプロセッサライセンスが10万円より(いずれも税別)。

Systemwalker 「Systemwalker IT Change Manager」は、ITILで定義されたフレームワークにおいて、変更・リリース管理の分野を受け持つ運用管理製品だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]