編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Absolute、盗難PCの遠隔操作と回収作業を提供する「Computrace」を発表

大川淳

2009-10-02 21:32

 カナダのコンピュータセキュリティ関連サービス事業者であるAbsolute Softwareは、コンピューターの追跡、管理、保護サービス「Computrace」の日本語版の提供を開始するととともに、日本法人を設立すると発表した。成長性の高いアジア市場でソリューションを提供し、活動範囲をさらに拡大することを図る。

PCの紛失や盗難に対処、IT資産管理も可能な「Computrace」

 Computraceはファームウェアベースのソリューションで、Acer、ASUS、Dell、富士通、Hewlett-Packard、Lenovo、パナソニック、東芝などのパソコンのBIOSに組み込まれている。BIOS上のエージェントとOS上で動作するエージェントが中核となり、PCがインターネットに接続すると、同社のモニタリングセンターと自動的に交信を開始、1日に1回、IT資産管理情報を「Absoluteカスタマーセンター」に送信する。

 Computraceがレポートできるのは、ハードおよびソフトの構成情報をはじめ、周辺機器、HDD容量、OSの更新状況、ウイルス駆除などのほか、リース品であればリース期間の管理も可能だ。

 エンドユーザーはAbsoluteカスタマーセンターにログインすれば、それらの情報へのアクセス、IT資産の管理、レポート作成、遠隔地からのデータ消去を行うことができるという。データ消去の指示は、すべてのデータ、OS以外のすべてのデータ、フォルダ単位、ファイル単位というように、細かな指定ができる。これらのデータ消去の手順は、あらかじめポリシーを設定しておくことも可能だ。

「Computrace」サービスの基本構造(画像をクリックすると拡大します) 「Computrace」サービスの基本構造(画像をクリックすると拡大します)

遠隔コントロールだけでなく盗難回収作業も

 Computraceでは、ノートパソコンが盗難にあった場合も想定して、さまざまな機能を備えている。パソコンを勝手に使用されるのを防ぐため、インテルのvProを活用し、「Anti-Theft」機能によりエージェントが電源オフやロックの指示を出せる。また、盗難などの異常事態がデータセンター側に認識されると、パソコン-データセンター間の交信は15分に1回になるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]