編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

富士通とMSがコラボレーション製品分野で協業--「Teamware」と「SharePoint」を合体

ZDNet Japan Staff

2009-08-03 22:23

 富士通は8月3日、同社の企業向けコラボレーション製品「Teamware」の新ラインアップとして「Teamware Collaboration Suite」を追加、同日より販売を開始したと発表した。同製品には、富士通のグループウェア「Teamware」と、マイクロソフトの「Microsoft Office SharePoint Server」の両方が含まれており、製品間における各種の連携機能が提供される。マイクロソフトの技術協力の下、富士通が開発し、国内市場向けの販売を行うという。

 富士通とマイクロソフトの両社は、2009年3月に、エンタープライズ市場でのソリューションビジネス分野で協業することを発表している。発表では、「Exchange Server」「Office SharePoint Server」「SQL Server」といったマイクロソフトのミドルウェア製品を取り入れたソリューション開発、商談開拓、システム構築、運用サポートなどを含む広範な提携について触れられていたが、今回の発表はその一部を実現したものとなる。

 Teamware Collaboration Suiteでは、Teamwareの持つメール、スケジューリング、タスク管理、フォーラム、ライブラリといったグループウェア機能と、SharePoint Serverの持つ情報ポータル機能、検索機能、WikiやSNSといったボトムアップ指向のコラボレーション機能などを連携した形で利用できる。両システム間でのディレクトリ連携や横断検索も可能。また、SharePoint Serverの情報ポータル画面から、Teamwareの各種機能を直接利用できるWebパーツも提供される。

 また、TeamwareとSharePoint Serverとで重複するグループウェア機能については、基本的にTeamwareの機能を中心にユーザーには提案するとしている。ただし、ワークフローなど、両製品で機能の内容が異なるものについては、基幹システムと連携したBPM的な利用法であればTeamware、ドキュメントの回覧といった用途であればSharePointといった形で、ユーザーのニーズに合わせて適したツールの利用を勧めていくとしている。

 価格(いずれも税別)は、「Teamware Collaboration Suite V1.0」が98万円。ユーザーライセンスが、1ユーザーあたり2万2000円より。ポータルサーバ追加ライセンスが65万円より。なお、SharePoint Serverを含まない統合グループウェアの「Teamware Office」については、今後も併売される。富士通によれば、Teamware Officeは、核となるグループウェア機能を中心に、ひきつづき機能強化を続けていくとしている。

 富士通では、この「Teamware Collaboration Suite」について、今後3年間で2000社への導入を目標とする。また、マイクロソフトとのミドルウェア分野での協業をさらに進め、運用管理製品である「Microsoft System Center」と「Systemwalker」との連携機能の提供を計画しているという。

富士通、マイクロソフトの提携 「Teamware Collaboration Suite」では、TeamwareとOffice SharePoint Serverの連携により、より幅広い企業内コラボレーションのニーズに応えるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]