ファスト買収後のMS、「次期バージョンでSharePointとFAST ESPを連携させる」

藤本京子(編集部)

2008-11-12 17:55

 マイクロソフトとファスト サーチ&トランスファ(ファスト)は11月12日、エンタープライズサーチ製品の戦略について説明会を開催した。これは、4月25日に完了した米MicrosoftによるノルウェーのFast Search & Transfer(Fast)の買収に基づくものだ。

佐分利氏 マイクロソフト 執行役常務 ビジネス&マーケティング担当 佐分利ユージン氏

 マイクロソフト 執行役常務 ビジネス&マーケティング担当の佐分利ユージン氏は、「今後1年間で生成される情報の量は、人類がこれまでに生成してきた情報量を超えるとも言われている。このように情報量が爆発的に増える中、情報を選別するためのテクノロジはより重要になり、情報の見える化が求められるようになる」と話す。同氏によると、MicrosoftのFast買収は、Microsoftがこれまでに行ってきた買収の中でも最大規模だという。

 マイクロソフトは、すでにエンタープライズサーチ機能を持つ製品として「Microsoft Office SharePoint Server 2007」を抱えているほか、中小規模や部門単位での検索ソリューションとして無償ダウンロードできる「Microsoft Search Server 2008 Express」を提供している。ファストの「FAST ESP」は、専門分野での検索や大規模な検索など、ハイエンド製品を求める顧客に提供する。

徳末氏 ファスト サーチ&トランスファ 代表取締役社長 徳末哲一氏

 現在ファストの製品が導入されているのは、楽天やカカクコム、ぐるなび、日本航空など。「Eコマース系サイトに数多く採用されており、日本のEコマースではファストがデフォルトになりつつある」と、ファストの代表取締役社長 徳末哲一氏は自信を見せる。また、徳末氏は「マネーロンダリングなど不正行為の検出や、コンプライアンスのパトロール機能など、新しい分野での検索の利用も広まってきている」と述べ、ファストのソリューションが適用できる範囲は広いとした。

 現在FAST ESPとSharePointの連携は、カスタムベースでのインテグレーションとして提供しているが、次期バージョンでは両製品がシームレスに連携される予定だ。また、マイクロソフトがクラウドプラットフォームとして提供する予定の「Windows Azure」について佐分利氏は、「FAST ESPのどの部分がAzureを通じて提供されることになるかは未定だが、検索機能をクラウドにて提供することは予定に入っている」と述べた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]