編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

IBM、SSD実装のx86サーバ向け拡張ボードを発表--I/O処理能力は従来の約25倍

ZDNet Japan Staff

2009-11-02 14:28

 日本IBMは11月2日、x86サーバに内蔵できる拡張ボード型の半導体ドライブ「High IOPS ソリッド・ステート・ドライブ(PCI-E)」を発表した。従来の半導体ドライブ「IBM 50GB SATA High-IOPS ソリッド・ステート・ドライブ」と比較して1秒間の入出力処理速度が約25倍向上するという。

 新製品は、48個のNAND型フラッシュメモリと制御用チップを拡張ボードに搭載し、1枚で160Gバイトまたは320Gバイトの容量を備えた半導体ドライブで、IBMのx86サーバ「IBM System x3650 M2」「IBM System x3850 M2」「IBM System x3950 M2」「IBM System iDataPlex dx360 M2」内のPCI-Expressスロットに搭載して使用できる。

 同製品の入出力処理数は1秒間あたり10万7千回で、IBMでは「従来の半導体ドライブの約25倍、ハードディスクドライブ(HDD)の約250倍の入出力処理能力を持つ」としている。また、入出力処理数当たりの消費電力はHDDの約150分の1という。

 High IOPS ソリッド・ステート・ドライブの価格は、160Gバイト搭載バージョンが102万9000円、320Gバイト搭載バージョンが144万9000円で、同日より出荷される。

IBMHigh IOPS ソリッド・ステート・ドライブ(PCI-E)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]