編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ネクスウェイ、500〜1000件程度でも割安に文書発送するサービス提供

田中好伸(編集部)

2009-11-19 12:18

 ネクスウェイは11月18日、500〜1000件程度の送り先に封書やハガキなどの文書でも、印刷から封入、発送を行うドキュメントデリバリサービス「e-オンデマンド便サービス」を11月2日から開始したことを発表した。

 e-オンデマンド便サービスは、ユーザーがウェブからあて先データと原稿のファイルをアップロードして封書やハガキなどの発送形態や必要事項を入力すると、指定のあて先に翌日に発送する。定型封書だけでなく、定形外の封筒やハガキなど複数の発送形態から選択できる。少数の送り先でも低価格で発送できる料金設定になっているという。発送日も入力の翌日から1カ月先まで指定できる。月額の基本料金は5000円、封書1通113円から、となっている。

 顧客や代理店、会員に対するコミュニケーションの手段として現在でも、多くの企業が封書やハガキなどの文書の発送という形態を活用している。だが、少数の送り先に文書を発送する場合、印刷会社に依頼すると1通あたりの単価が割高になることがある。そのため、印刷会社に依頼せず、社内で手作業による印刷から封入、発送を行っている企業が多く存在する。

 そこでネクスウェイは、同社のファクス蓄積交換サービス「FNX」などで得た経験やノウハウをもとに、ビジネス文書分野にノウハウを持つエフ・アイ・エスと連携することで、今回のサービスを実現させている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]