編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ネクスウェイ、Salesforce CRMと連携するFAX配信サービスを開始

ZDNet Japan Staff

2009-11-06 13:30

 ネクスウェイは、同社が運営するFAX配信システム「FNX(Flexible Network Exchange)」サービスと、セールスフォース・ドットコムの営業支援システム「Salesforce CRM」を連携した新サービス「FNX for Salesforce」の提供を11月4日より開始した。

 このサービスでは、Salesforce CRMの顧客管理画面から宛先を指定し、FAX原稿のファイルをアップロードすることにより、顧客あてのFAX配信が行える。FAXの送達履歴をCRMやSFAなどのシステムに反映させることも可能だ。従来の顧客データベースを持たないFAX配信システムでは、配信リストや送達情報などを個別にインポート、エクスポートする必要があったが、今回のSalesforce CRMとFNXとの連携により、顧客データベースの一元化が可能になるとする。

 FNX for Salesforceの具体的なサービス内容としては、Salesforce CRMの「取引先」「商談」といった機能から、特定の宛先に対してFAXを配信できるほか、「キャンペーン」機能から、そこに登録された顧客リストに対して1回1000通までのFAXを一斉配信できる。

 利用料金は、企業単位での契約となり、初期導入費用が3万円。FAX配信料金が1通あたり19円。配信料金については送信枚数によるボリュームディスカウントの適用が可能という。

 同連携サービスの開発は、テラスカイが担当した。ネクスウェイでは、2011年3月までに、100社の導入を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]