編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

佐川急便、富士ゼロックスとプリンタ出力管理で5年間のアウトソース契約

冨田秀継(編集部)

2009-11-25 12:57

 佐川急便は全国主要拠点のオフィスの出力環境について、富士ゼロックスに管理を委託する。プリンタや複合機の管理全般のアウトソーシングサービスで、6月に契約し9月よりサービスを提供している。契約期間は5年間。富士ゼロックスが11月25日、発表した。

 佐川急便は社員数3万8585人の大手宅配便会社であり、全国各地に営業店を設置、その数は357になる。今回、富士ゼロックスのマネージドプリントサービス(MPS)「XOS」を採用し、出力機器管理と関連管理業務のプロセスを富士ゼロックスにアウトソースする。XOSは企業のプリンタや複合機などを利用した出力環境全ての業務プロセスを請け負い、企業に代わって管理するアウトソーシングサービスだ。

 出力環境の最適化という点では、まずドキュメント出力に関する直接および間接のコスト、プロセス、ニーズを分析評価するアセスメントを実施。現状の課題や出力機器に関する総コストを提示する。この結果に基づき最適化プランを作成し、新たなオフィス出力環境を構築、最適配置を維持するための指針を策定し、出力機器管理の統制を強化する。

 佐川急便では、オフィスに最適な台数を、最適な場所に設置することで、利便性を維持しながら出力機器の30%超の削減を見込む。また、富士ゼロックスでは佐川急便の出力環境全般を最適化し、20%以上の総所有コスト(TCO)削減を支援する。

 富士ゼロックスは今後、XOSの対象市場を拡大し、国内の販売力を強化する。具体的には、約1000の大手企業グループを担当する約600人の担当営業に対して専門教育を実施し、MPSへの需要が高まっている国内企業を対象にXOSを展開したい考え。加えて、XOSの持つ価値や効果を経営層に対して訴求するため、富士ゼロックスの全役員がトップアプローチを行っているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]