編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

ティーマックスソフト、メインフレームをオープン化するソリューションの最新版

ZDNet Japan Staff

2009-11-27 17:44

 日本ティーマックスソフトは11月26日、レガシーマイグレーションソリューション「OpenFrame」の最新版で、日立製作所のメインフレームに対応した「OpenFrame for VOS3」を発表した。同ソリューションを使えば、既存のメインフレーム資産を書き換えずにオープン環境に置き換えられるという。同社ではすでに、IBMおよび富士通製のメインフレームを対象としたOpenFrameを販売している。

 OpenFrame for VOS3では、従来のOpenFrameと同様に、日立製OSのコア部分であるJSS3などによるバッチジョブ管理や開発環境、COBOL85、JCLなどプログラム言語のストレートコンバージョンに加え、ADM/DB、PDMIIなどのデータベースシステム、およびADM/DC、DCCM3などのオンラインシステムの移行にも対応している。これにより、日立製メインフレームのユーザーは、アプリケーションやデータを書き換えたり新アーキテクチャに移行することなくレガシーマイグレーションが可能。移行後は完全なオープン環境での稼働となり、JP1など日立製の運用ツールや開発環境との共存もできる。

 ティーマックスソフトのこれまでの実績としては、野村證券の債券管理システムをIBMメインフレームからリホストしたことや、ヤマギワの全社基幹システムを富士通メインフレームからリホストしたことなどがある。

 OpenFrame for VOS3の最小構成価格は、約2000万円(税別)から。販売開始は2010年1月初旬を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]