仮想化技術の導入で検討すべきこと--ライセンスの落とし穴とその予防措置

文:Manek Dubash(ZDNet UK) 翻訳校正:石橋啓一郎 2009年12月10日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 IBMは、同社が2007年に新たなサーバソフトウェアライセンスモデルを導入した後、恥をかくことになった。この新しいライセンスモデルの狙いは、価格体系をマルチコアマシンの利用が増えている状況を反映したものに改めることと、利用量に基づいてソフトウェアに課金できるようにすることだった。

 問題は、IBMが顧客がコンピューティング資源の利用量について計画と追跡を行うための追跡ツールを実装する際に、仮想化技術を考慮に入れるのを忘れ、仮想マシン(VM)の中でこのツールを実行すると、可視性が極めて限られたものになってしまったことだ。しかもIBMは、1960年代に仮想化技術を発明した企業なのだ。

絶望的なまでに時代遅れ

 この種のトラブルの例は他にもあるが、この事例は、長年の間に作り上げられてきた物の見方と古いソフトウェアライセンスモデルは、ハードウェアとソフトウェアが分離されたものとして存在するようになった途端に、絶望的なまでに時代遅れなものになってしまうということをよく表している。

 最近のデータセンターでは、アプリケーションはその時の要求に応じて、多くのマシン上の複数のCPUを行き来し、さまざまな資源を消費する。ある公共サービスの請求書発行のためのアプリケーションが最大の資源(CPU、メモリ、I/Oなど)を使用するのは、1カ月に1度か2度のことかもしれない。

 その際、そのアプリケーションは多くのCPU上で同時に実行されるかもしれないが、現在多くのソフトウェアは、ソケットあるいはCPUベースでライセンスされているため、そのような状況ではソフトウェアベンダーに多額の料金を支払わなくてはならなくなる可能性がある。

 一部のソフトウェアベンダー、特にOracleの子会社であるBEA Systemsは少なくとも1つの製品でソケット単位でのライセンスを廃止している一方、IBMなどの他のベンダーは、サブキャパシティライセンスのような折衷案を採用している。サブキャパシティライセンスは、仮想マシンで実行されているアプリケーションが使用する資源に比例する形で、支払額が決まるというものだ。これはIBMが栄華を誇ったメインフレーム時代に提供していた監査と価格決定の仕組みの一種だ。

複雑さの問題

 当然ながらこれは一次方程式で表せるものではなく、モバイルVMが利用できる仮想化データセンターでは、アプリケーションが絶対に使わないような量の資源に対する料金を支払う羽目になることが多い。最近SafeNetが行った調査によれば、多くの英国企業は、新しい技術の導入によってソフトウェアライセンス契約の複雑さが増し、セキュリティと費用の問題を生むのではないかと恐れているという。これも無理からぬことだ。

 Oracleはこの問題を単純なものにしている。例えば、仮に全部で16のコアを持つサーバから、VMが割り当てた4つのコアでソフトウェアが実行されていれば、それがネイティブで実行されていようが、VM内で実行されていようが、16コア分すべての料金を支払うというものだ。このような料金体系は、Oracle製品をできるだけコア数が少なく、より強力なCPUで実行させるインセンティブになる。

 興味深いことに、Oracleを強力なUltraSparcのCPUで動かした場合、IntelやAMDのx86プロセッサで動かした場合よりも、料金は50%高くなる。OracleのSun買収が進行中であることを考えると、このOracleをSunで動かすことに対する逆インセンティブは、この買収が完了した場合には変わるのかもしれない。

 ソフトウェアのライセンス契約には、多くの落とし穴が待ち受けていることが理解してもらえただろうか。以下では、合法的に必要以上の支払いを避けるための、10の方法を説明する。

1.契約内容について知る

 契約を結んでいるすべてのソフトウェアベンダーのライセンス条件を調べる。ライセンス契約でのミスが、仮想化によって節約したハードウェア経費など簡単に御破算にしてしまう可能性があることに注意する。

 システムの変更にはライセンス要件の修正を伴う可能性があるため、現在および計画中の状態のニーズに、今あるソフトウェアライセンス契約がどの程度合致しているかをはっきり理解する必要がある。変更には、ライセンスの追加や解除を伴う場合があるが、どちらにせよ契約を結び直すよい機会になり得る。そして、VMへのインストールもそのようなきっかけの1つだ。

2.ソフトウェアベンダーと話をする

 条件について再交渉するとよい。もしベンダーが乗り気でなければ、サーバ分割の戦略を練ってみるといいだろう。アプリケーションをVMではなく別のサーバで動かすことで、経費を節約できる可能性もある。あるいはベンダーとの議論の中で、そのベンダーによる仮想化以外のより進んだアプローチが見つかるかもしれない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]