編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

NTTデータ、Google Maps連携の業務用地図ソフト「Geoffice」開発

田中好伸(編集部)

2009-12-18 18:11

 NTTデータは12月18日、「Google Maps」を活用した業務用地図ソフトウェア「Geoffice」を開発、2010年1月から発売することを発表した。税別価格は1ライセンスあたり38万8000円。

 Geofficeは、各種地理情報を管理する地理情報システム(GIS)の機能とGoogle Mapsの企業向け有料地図サービス「Google Maps API Premier」を連携させた業務用地図ソフトウェア。台帳管理や施設管理、顧客管理、防災支援、苦情処理支援など、地理情報を管理、利用する自治体や企業を対象に販売する。

 Google Maps API Premierを利用することで、ウェブ経由でGoogle Mapsを背景地図として利用でき、公開情報の登録や編集ができるツールとしても利用可能だ。自治体や企業の内部業務利用もでき、ストリートビューを活用した現地調査などの業務効率化を図れるとしている。

 現在市場で提供されるGoogle Maps連携ソフトウェアの多くは、ウェブマッシュアップだが、GeofficeはGoogle Maps表示以外の機能がWindowsアプリケーションパッケージで構成される。Google Mapsの機能に加えて、Geofficeの作画やデータ編集などの各機能を利用して、情報の登録や管理が可能。また、住所や目標物といった検索もできる。

 スタンドアローン構成、クライアント/サーバ構成、利用規模に応じた形態で導入できるという。利用するにはGeofficeのライセンスとは別に、Google Mapsの利用料金(1台あたり年間5万円、税別)が必要になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]