編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シマンテック、NATO加盟諸国のサイバーディフェンス組織と契約

2010-01-14 07:00

 SymantecとCooperative Cyber Defence Centre of Excellence(CCD COE)が、リサーチ契約を締結したことが現地時間1月13日に明らかになった。CCD COEは、2008年に起きた、エストニアの政府機関に対する大規模なサービス拒否(DoS)攻撃を受けて、北大西洋条約機構(NATO)のセキュリティを強化する目的で設立された組織。エストニア、ラトビア、リトアニア、ドイツ、イタリア、スロバキア、スペインが資金提供している。

 契約の下、Symantecは遠隔から導入可能な収集ノードシステムを利用し、サイバー攻撃に関する情報を集めるという。Symantecは元来、24万のソフトウェアセンサーや顧客が配置した1億2000万台のデスクトップ、サーバ、ゲートウェイのウイルス対策ソリューションから成るGlobal Intelligence Networkを擁している。このたび配備される収集ノードはこのネットワークを利用し、悪質なソフトウェアを発見するとSymantec Security Responseに送信する。そしてこれを受け取ったSymantec Security Responseにて分析が実施される予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]