編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ソフトバンクテレコム「ホワイトクラウド」、駿台グループがEラーニング運用基盤に採用へ

吉澤亨史

2010-01-20 19:51

 ソフトバンクテレコムは1月20日、駿台グループのエスエイティーティーが現在企業向けに提供しているASP型Eラーニングサービス「ZERO」の運用基盤として、同社のクラウドコンピューティングサービス「ホワイトクラウド」の利用を検討していると公表した。クラウド型の新たなEラーニング運用サービスを整備するため、共同技術検証を1月下旬から実施するという。

 今回の技術検証を踏まえた上で、エスエイティーティーはユーザーの人材育成の運用効率、成果向上をサポートするための付加サービスを4月から提供していく予定だ。

 エスエイティーティーではこのほか、AppleのiPhoneを使った学習環境にも対応するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]