NRI、OSSを使ってActive Directory上でSSOと統合ID管理を実現するサービス開始

富永恭子(ロビンソン)

2010-01-20 19:32

 野村総合研究所(NRI)は1月20日、マイクロソフトのディレクトリサービスである「Active Directory(AD)」上で、オープンソースソフトウェア(OSS)を使ってシングルサインオン(SSO)と統合ID管理を実現するサービス「OpenStandiaソリューション/SSO・統合ID管理 for AD」を本日より提供すると発表した。

 NRIによれば、同サービスは、企業で普及しているAD上で、OSSを用いて柔軟性が高く低コストのSSOを実現したいというニーズに応えるため、同社の検証結果や導入実績をベースに開発したという。

 このサービスを利用することで、ADで管理されているユーザーID、パスワードを用いて、ADドメインで管理された業務ウェブアプリケーションに対して、SSOが可能になるという。また、Windowsへログオンすることで、ウェブアプリケーションに対しても自動的にログオンできる。さらに、米Likewise Softwareが提供する、UnixやLinuxのアカウントをADで一元管理するためのツール「Likewise Enterprise」と連携できるため、UnixやLinuxのユーザーIDも含めたIDの一元管理も、AD上で可能になるとしている。

 NRIでは、OSSを使ったJavaベースのSSOツール「OpenSSO」を用いた統合ID管理ソリューション「OpenStandiaソリューション/統合ID管理」を既に提供している。しかし、OSSであるOpenSSOと、商用製品であるADとの連携は、技術情報や実績が少なかったため、導入時にその都度、検証の必要があったという。一方で、コンプライアンスや内部統制を強化するために、ユーザー認証やアクセス権限管理などのセキュリティ基盤を整備し、SSOやID管理を実現するニーズは高まっていたとする。

 NRIは、SSO・統合ID管理 for ADの利用で、社内ユーザーの利便性向上とシステム管理者のID管理作業負荷の軽減だけでなく、企業のセキュリティや内部統制を強化することができるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]