アンチウイルスソフトウェアの仕組み--入れる価値はあるのか

文:Michael Kassner 翻訳校正:石橋啓一郎 2010年01月29日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私は頻繁にアンチウイルスプログラムが役に立っているのかと聞かれる。私はいつも「イエス」と答えていたのだが、最近は自分でもなぜだろうと考え始めた。

 われわれは、インターネット上で生き残るためには、コンピュータにはアンチウイルスアプリケーションの保護が必要だと言われてきた。もしこれが本当なら、次のような疑問が出てくる。

  • なぜ未だにコンピュータは感染するのか。
  • もしアンチウイルスプログラムを使わなければ、もっとひどいことになるのか。

 これらの疑問について、私は十分な事実を知らないことに気づいた。そこで、私はアンチウイルスの手法について調べ始めた。わかったのは次のようなことだ。

問題は何か

 悪者たちには動機がある。マルウェアに感染したコンピュータを利用して金銭を得ることは、ほかの違法行為よりも簡単で安全なのだ。しかしわれわれ(被害者)の方にも、狙われている自分の財産を守りたいという動機がある。では、なぜサイバー犯罪者の方が優勢なのだろうか。まず、彼らには次のような有利な点がある。

  • 脆弱性のあるソフトウェア。これは前提条件だ。ソフトウェア、特に複雑なコードには、必ず悪用可能なバグが存在する。
  • 奇襲の要素。普通のユーザーは、ソフトウェアの脆弱性を探したりすることはない。しかしサイバー犯罪者は、ほかの人が知らないうちに悪用するチャンスを得ようと、ソフトウェアの弱点を見つけようとしている。
  • 後手に回っている。マルウェアがどのようなものになるかは予想が難しく、アンチウイルス開発者の打つ手は受動的なものになっている。

 最近Googleに起こったことが、もっともよい例だろう。攻撃者はInternet Explorerに存在する未知の(ゼロデイ)脆弱性を利用し、Googleの安全だと考えられていたネットワークに侵入した。この事例が、前述の3項目にどれだけ当てはまるかを見てみよう。

  • 脆弱性のあるソフトウェア。Internet Explorerには悪用可能な脆弱性が存在した。
  • 奇襲の要素。攻撃者だけがその脆弱性を知っていた。
  • 後手に回っている。アンチウイルス企業は検知方法を開発しようとしており、Microsoftは事後になってからInternet Explorerのパッチを準備した。

 ここまででは、まだなぜアンチウイルスアプリケーションがわれわれのコンピュータを保護できていないのかを理解できず、経験を積んだソフトウェアエンジニアにこの問題について尋ねてみた。彼は、見つけられないものを取り除くことの困難さについて指摘した。控えめな表現での話だ。しかし、私は理解した。マルウェアの検知はわれわれが考えているほど簡単ではないのだ。次のステップは、それがなぜかを調べることだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算