編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

ITホールディングスのAJS、アパレル向けシステム企業を子会社化

富永恭子(ロビンソン)

2010-01-28 19:11

 ITホールディングスグループのAJSは1月28日、繊維大手の旭化成せんい子会社の旭化成エージーエムエス(旭化成AGMS)株式を旭化成せんいから100%取得し、4月1日付けで完全子会社化することで合意したことを発表した。契約締結後、旭化成AGMSは東京本社をAJS本社内に移転するという。

 旭化成AGMSは、約1600社のアパレル企業や縫製工場向けに、アパレルCADシステムやアパレル業務システムを提供している。アパレルCADシステムの「立体グレーディング」は、旭化成AGMSが独自に開発した計算式を活用して、体形グレーディングとサイズグレーディングを一度に行うというもの。13号以上の消費者のサイズ不満を解消できるという。アパレル業務システムの「スマートファイリング」は、データ検索やマスタなどの機能、イラストツールなどで効率的な仕様書作成を支援し、生産指図や資材発注などの後処理に展開できるという

 AJSは旭化成AGMSを子会社化することで、同社の既存ユーザー企業に対して、AJSのノウハウを活かした業務系ソリューションを広く提供していくことが狙いだという。アパレル業界という新たな事業分野へ向けてITサービスを展開していくとともに、中国や韓国、ベトナムなど旭化成AGMSの海外拠点を活用し、AJSの海外ビジネス展開も図っていきたいとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]