編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

EMCジャパン、中規模ストレージ「CLARiX CX4」を機能拡張--同面積での容量を4倍に

ZDNet Japan Staff

2010-02-08 19:55

 EMCジャパンは2月8日、同社のミッドレンジストレージ「EMC CLARiX CX4」シリーズにおいて機能拡張を行い、設置面積あたりの容量が4倍となった新モデルの販売を開始した。

 新しい高密度モデルのシステム構成は、1ラックに最大390台の5400/7200rpm(回転毎分)2テラバイトSATAドライブ、およびフラッシュドライブを搭載できる。これまでのラックに同じ数のドライブを搭載した場合に比べ、設置面積および電力接続数が約半分で済むという。また、CIFSおよびNFSを利用したい場合は「Celerra」ゲートウェイシステムを利用して、同システムを導入できる。

 5400rpmの2テラバイトSATAドライブは電力効率に優れており、前世代の1テラバイト7200rpm SATAドライブと比較して、電力消費量を60%以上削減できるという。また、従来のディスクドライブに加えて、エンタープライズフラッシュドライブ(EFD)もサポート。さらに、使用していないディスクドライブの電源をオフにする「EMCスピン・ダウン・テクノロジー」をサポートすることにより、従来のディスクを使用したSATAドライブよりも電力消費量を65%削減できるとしている。

 同社では、新モデルのこれらの特徴により、データセンターやリモートオフィスにおける電力消費量と冷却コストの削減、物理的なスペースに関する要件の緩和、重量に関する要件への準拠を実現できると述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]