編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロン テクノロジー、NOR型フラッシュメモリ最大手のニューモニクスを買収へ

文:Brooke Crothers(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-02-10 17:02

 Micron Technologyは、世界最大のフラッシュメモリメーカーの1社であるNumonyxを買収することで、フラッシュメモリチップのポートフォリオ強化を狙っている。

 MicronとNumonyxは米国時間2月9日、MicronがNumonyxを約12億7000万ドル相当の株式で買収することで合意に至ったと発表した。

 Numonyxは2008年、IntelとSTMicroelectronicsによって設立され、IntelのNOR型フラッシュメモリ事業とSTMicroのNAND型フラッシュメモリ事業を統合した。

 Micronは米国最大のメモリチップメーカーで、ジュネーブに拠点を置くNumonyxは世界最大のNOR型フラッシュメモリサプライヤーである。NORは、Micronが以前より製造を手がけているNANDとは用途が異なる。NANDはAppleの「iPhone」や間もなく発売の「iPad」といったモバイルデバイス向けのデータストレージとして使われるのに対し、NORは伝統的に携帯電話で使用されてきた。

 今回の買収案件は規制当局による審査の対象となっており、3〜6カ月以内に手続きが完了する見通しだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]