NRIセキュア、「クリプト便」に送信ファイルのコントロール機能を追加--編集や印刷の制限が可能に

富永恭子(ロビンソン)

2010-03-12 16:50

 NRIセキュアテクノロジーズ(NRIセキュア)は3月12日、セキュアファイル送受信サービス「クリプト便」において、送信ファイルの編集や印刷制限などの保護機能を設定して送信先におけるファイルの不正利用や情報漏えいを防ぐ「ファイルコントロールオプション」を同日より提供すると発表した。

 クリプト便は、ファイル送受信の安全性に重点を置き、「暗号化(SSL通信・AES暗号)機能」、誤送信対策としての「送信キャンセル機能」、「いつ、誰が、何を」送受信したかを把握できる「ログ機能」等を標準機能として提供している。

 今回提供するオプションファイルコントロールオプションでは、「送信先」でのファイル暗号化に加え、「ファイルを受信したPCでのみファイルが開けるように制限する」「編集やコピー&ペーストを不可とする」などといったファイルコントロール機能が追加される。

 また、ローカルディスクへの保存制限や、閲覧可能な日数制限、ファイルの閲覧可能時間、画面キャプチャおよび印刷の可否、印刷時に指定した文字で背景印字を強制的に行うなどの設定を任意で行えるという。これにより、送信先でのファイル操作を制限でき、ファイル送受信の安全性をより向上させるとしている。

 ファイルコントロールオプションの提供価格は、クリプト便の基本プランとは別料金となる。複数のユーザーでサーバを共同利用する共有サーバプランは初期費用5万円、月額3万円から、専用サーバプランは初期費用50万円、月額20万円(価格はすべて税別)となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]