編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ユニシス、SaaS型教育プラットフォームに機能追加--多言語対応可能に

富永恭子(ロビンソン)

2010-03-15 22:10

 日本ユニシスは3月15日、SaaS型の教育プラットフォーム「LearningCast」アップデート2の提供を開始したことを発表した。

 LearningCastはSaaS型で教育プラットフォームを提供するサービス。研修管理からeラーニングの管理まで、企業における研修業務を幅広く支援するとしている。アップデート2では多くの新機能を標準サービスとして提供できるという。

 メニューやメッセージを英語で表示でき、教材は中国語やタイ語など、利用したい言語で作成して利用できる。日本語圏以外のユーザーでも LearningCastでの学習環境が利用できるようになり、グローバル企業の社員教育に広く活用することが可能だとしている。

 また、教材ファイルの「学習順設定」機能を搭載することで、教材ファイルを複数登録した場合、登録者は順序を設定できる。米のeラーニング標準化団体ADL(Advanced Distributed Learning)が作成した学習管理システム(Learning Management System:LMS)とコンテンツの間のインターフェースやデータ形式を規定した標準規格「SCORM(Sharable Content Object Reference Model)」の教材であれば、AとBという2つのSCORM教材ファイルを登録し、Aが終わるまでBを参照できないようにするファイル間の学習順序が設定できるという。

 アップデート2では、ログイン後のホーム画面に表示する項目やメニューを選択できる「ホーム画面の表示項目選択」機能、出題者がアンケートの設問ごとに必須回答の有無を設定できる「アンケートの必須回答項目設定」機能も装備している。システム管理者からエンドユーザーに向けて伝えたいことを掲示する「お知らせ」機能では、ログイン後のホーム画面でシステム管理者からの通知を参照できるという。

 初回利用時にパスワードの変更を促す機能やパスワードの有効期限を付与する機能を含むパスワードの各種設定を可能にするなど「パスワード管理」機能を強化するとともに、アカウント情報の編集範囲設定機能など7つの機能がこれまでの標準機能に加えて利用できるようになったという。

 ユーザーが社内教育で利用する場合1〜10人まで月額8000円で提供。11〜49人で月額利用料金は1人あたり800円、最も廉価な料金は5000人以上で1人あたり90円となるなど、ボリュームディスカウントによる料金体系を採用しているという。

 日本ユニシスは、多数の従業員への一斉教育を必要とする大手企業や中小企業、自治体を対象に今後3年間で10億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]