編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

レッドハット、企業向けLinux最新版「Red Hat Enterprise Linux 5.5」を提供開始

ZDNet Japan Staff

2010-03-31 17:50

 レッドハットは3月31日、企業向けLinux OSの最新版「Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 5.5」を同日より提供開始すると発表した。

 RHEL 5.5は、同日発表されたIntelの「Nehalem-EX」や、3月29日に発表された「AMD Opteron 6000 Series」米国にて2月8日に発表された「IBM POWER7」などの最新のプロセッサをサポートする。これにより、最新プロセッサを搭載したサーバの性能やコストパフォーマンス、信頼性を引き出すことができるほか、仮想化機能と組み合わせることでより集約度の高いサーバ統合ができるとしている。

 またRHEL 5.5は、仮想マシンの共通APIである「libvirt」がサポートできるゲストの数を256以上に拡張するとともに、SR-IOV(Single Root I/O Virtualization)による10Gビットのネットワークカードをサポートし、大規模な仮想化環境への対応を強化した。これにより、以前より多くの仮想マシンを少ないサーバで実行できるという。

 さらに、Sambaがアップデートされたことで、RHEL 5.5は「Microsoft Windows 7」との相互運用性が向上した。今回のSambaの拡張では、Active Directoryのユーザーとグループのマッピングが改良されており、クロスプラットフォームでのファイルシステムの管理が簡素化されるという。

 RHELの製品ラインアップと価格は従来通りで、CPUソケット数と仮想化ゲストが無制限の「Red Hat Enterprise Linux 5 Advanced Platform」のサブスクリプション価格が1サーバあたり年間19万5000円から、2CPUソケットおよび4仮想化ゲストまでの「Red Hat Enterprise Linux」が年間9万6800円から、1CPUソケットまでの「Red Hat Enterprise Linux 5 Desktop」が25台あたり年間27万5000円から(いずれも税別)となる。すべての製品においてライセンスは無償で、テクニカルサポートと製品アップグレード、修正プログラムの提供が含まれた金額だ。サブスクリプションの有効期間内のRHELユーザーは、追加料金なしでRHEL 5.5にアップグレードできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]