日立ソフト、SecureOnlineでハイブリッドクラウドでのバッチ処理実行環境提供

田中好伸(編集部) 2010年04月08日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト)は4月8日、統制IT基盤提供サービス「SecureOnline」を中継してオンプレミスの業務システムとパブリッククラウドを連携するハイブリッドクラウド環境でのバッチ処理実行環境を提供するサービスを開始することを発表した。

 SecureOnlineにパブリッククラウド上のデータをいったん取り込むことで安全な環境でバッチ処理を実行でき、SecureOnlineの「仮想マシンCPUリソース保証サービス」を活用することで、バッチ処理の実行時間を予測できるとしている。

 日立ソフトはこれまでに、セールスフォース・ドットコムのSaaS型CRM「Salesforce.com」上で営業員向け顧客情報提供サービスを構築して、Salesforce.com内のデータを定期的にSecureOnline上のバッチ処理実行環境に取り込んで、バッチ処理実行後にオンプレミスのシステムに集計したデータを反映するシステムを構築、運用している実績があるとしている。SecureOnlineを中継して、データを取り込み、必要な処理を行ったあとで業務システムに渡すことで、安全な環境下でバッチ処理を実行できるとしている。

 日立ソフトの米国子会社のHitachi Software Engineering Americaは「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」を使用してサービスを提供しており、同社の技術者とともにEC2やGoGrid、rackspace、Windows Azure、Salesforce.comとSecureOnlineの連携について検証し、機能面と性能面で一定の評価を得られたとしている。

 パブリッククラウドの普及とともにパブリッククラウドのデータをオンプレミスの業務システムに反映させて、バッチ処理を行う必要があるが、業務システムから直接パブリッククラウドにアクセスしてデータを取り込むことはリスクが伴うために、セキュリティポリシーとして許容されていないのが一般的と見られている。日立ソフトの今回のサービスは、そうした事態に対応するものになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算