Cosminexus V8.5:クラウド時代のシステム開発で素早さと生産性向上を支援

富永康信(ロビンソン) 冨田秀継(編集部) 2010年01月27日 21時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所(日立)は、SOAプラットフォームに対応したウェブシステム基盤「Cosminexus」をバージョンアップ、「Cosminexus V8.5」を発表した。V8.5はシステム開発生産性の向上に加え、クラウド時代に適合したビジネスの実行を迅速、確実に実現するシステム構築機能の強化を図っている。

変化するビジネス戦略にITをどう対応させるべきか

 「規制緩和によるサービス連携の容認、長期的な経済環境の停滞、地球温暖化防止に向けたCO2の排出削減など、ビジネスのバックグラウンドが劇的に変化する中、企業は既存のサービスを喪失し、形を変えながら新たなサービスを生み出さなければならないというプレッシャーに直面している」――

 こう語るのは、日立のソフトウェア事業部でアプリケーション基盤ソフトウェア本部 AP基盤マーケティング部で部長を務める尾花学氏だ。

 その流れの必然として登場したのが「仮想化技術」と「クラウドコンピューティング」というトレンドだと述べる尾花氏は、「企業にはビジネス戦略を常に変化させ、ITをいかに対応させていくべきかが問われる時代になった」と強調する。

 日立がその答えとして示したのが、PaaSとSaaSとプライベートクラウドの3つのビジネスソリューションを「Harmonious Cloud」として技術体系化したシステム基盤だ。そして、日立にはそれを担うアプリケーション実行基盤であるCosminexusをさらに強化し、クラウド時代の迅速、確実なシステム構築に寄与していくという狙いがあった。

 今回のV8.5における機能強化の目的は、仮想化環境におけるシステムの性能維持と、信頼性、運用性の確保にあるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
仮想化

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算