編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立、BladeSymphonyにロードバランサ搭載モデル追加--導入コスト削減狙う

ZDNet Japan Staff

2009-07-06 21:02

 日立製作所は、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」の小型高集積モデル「BS320」のサーバブレードラインアップに、サーバの負荷状況に応じてネットワーク処理を複数のサーバに分散する機能を持つ「ロードバランサブレード」を追加したことを発表した。7月6日から販売を開始する。

 また、「ロードバランサブレード」を用いたウェブシステムのネットワーク設定をあらかじめ実施、検証して出荷する「ロードバランサブレードEasyStartサービス」も合わせて発表している。

 日立は、「ロードバランサブレード」と「ロードバランサブレードEasyStartサービス」を提供することで、ウェブシステムを1シャーシで容易に構築できるようになるなど、さらなるシステム統合やTCO削減といったニーズに対応したい考え。

 ロードバランサブレードに搭載されるのは、A10 Networksのサーバ負荷分散装置用OS「Advanced Core Operating System」。日立では、外付けのロードバランサ専用装置を用いた場合と比較して約40%の省スペース化を実現したとしている。価格は294万円で、7月31日に出荷を開始する。

 ロードバランサブレードEasyStartサービスでは、専門の技術者が各種設定をあらかじめ実施、検証してから製品を出荷する。ウェブシステムの設計、構築コストの削減を支援するサービスで、日立では標準的なウェブシステムの設計、構築にかかるコストを約30%削減可能だとしている。価格は33万6000円で、7月31日に出荷を開始する。

 加えて、アプリケーションも含めた導入をさらに容易にするため、各種ミドルウェアとの連携も強化。SOA基盤ソフトウェア「Cosminexus」との検証を重ね、ウェブサーバの構築基盤も含めて最適化した構成を提供可能にした。また、Microsoft Office SharePoint Serverと組み合わせた設計、構築ソリューションも提供していく。

 「BS320」は今回の発表に合わせ価格改定も実施。SAN接続を行うシステムで、従来モデルとの比較で最大約25%削減するなど、初期導入コストの低減を実現した。

 ロードバランサブレードは、日立が7月22日から23日にかけて東京国際フォーラムで開催する「日立uVALUEコンベンション2009」で展示される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]