編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

運用コスト低減を支援--保守サポートサービスを充実させた日立「HA8000」

冨田秀継(編集部)

2009-06-16 22:38

 日立製作所は6月16日、PCサーバ「HA8000」シリーズに保守サポート関連のサービスメニューを追加した新モデルを発表した。IntelのXeon 5500 Nehalemを採用したほか、従来はオプションで対応していたリモート管理機能をオンボードで標準搭載する。

 また、保守とサポートに関するサービスメニューを強化。データセンターへのサーバ設置と運用管理支援サービスを提供する「預けて安心モデル」と、BladeSymphonyシリーズで提供している「ロングライフサポートサービス」を新たに提供する。

 預けて安心モデルでは、HA800/RS210と同RS220を日立が指定するデータセンターに設置し、運用支援サービスを提供する。日立では、このサービスを利用することで、サーバルームの電気代やスペース、専用設備のコストと、運用管理やメンテナンスに関わる費用の両方を低減できるとしている。

 同サービスで提供する運用サービスは、24時間365日の死活監視、障害検知時の連絡、障害発生時の保守員受け入れ、ランプチェックなど。

 ロングライフサポートサービスは、一定のアセスメント条件をクリアすることで保守期間を2年延長し、7年間のハードウェアサポートを提供するサービス。HA8000/RS210と同220、HA8000-es/RS210と同220が対象モデルとなる。

 古いハードウェアの延長保守では、オーバーホールが非常に高額になったり、部品が既に生産されていないなどの問題がつきまとう。日立では同サービスで運用管理コストと、長期運用によるシステム更新費用などを削減することが可能だとしている。

 新モデルは同日より販売を開始する。価格と出荷時期は下表の通り。

HA8000シリーズ 新モデル
機種プロセッサー最大搭載数価格出荷時期
HA8000/RS440493万4500円〜2009年7月31日
HA8000/RS220245万4650円〜 -
同預けて安心モデル281万1650円〜 -
同ロングライフサポートモデル260万1650円〜2009年7月31日
同新規内蔵RAIDシステムモデル250万7150円〜2009年6月29日
HA8000/RS210243万7850円〜2009年6月22日
同預けて安心モデル274万2350円〜2009年6月22日
同ロングライフサポートモデル251万6600円〜2009年7月31日
同新規内蔵RAIDシステムモデル243万7850円〜2009年6月22日
HA8000/TS20240万50円〜2009年6月22日
同新規内蔵RAIDシステムモデル240万50円〜2009年6月22日

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]