編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Say HelloからSee Helloへ--タンバーグ、ビデオ会議体験設備を開設

新澤公介(編集部)

2010-04-19 12:10

 日本タンバーグは、ビデオ会議システムの利用シーンに応じた会議などのコミュニケーションを体験できる設備「タンバーグ エグゼクティブ ブリーフィングセンター」(EBC)を開設した。先日、メディアを対象に体験会を実施し、ツアー形式でEBC内を紹介した。

 EBCは主に役員や上級管理職などのエグゼクティブを対象に、テレビ会議システム導入後の活用シーンを具体的にイメージできるようにする設備。企業が製品の導入に向けてタンバーグ製品を実際に体験できる仕組みになっているが、「ショールームではない」と同社代表取締役社長の公家尊裕(こうけ・たかひろ)氏は説明する。「タンバーグが目指すビジュアルコミュニケーション製品を、どのように現実のビジネスで利用できるかを疑似体験する空間」(同氏)と位置付けている。

 公家氏は同社の企業ビジョンについて、「音声のみで会話する“Say Hello”から目と目を合わせて会話する“See Hello”へと、仕事やコミュニケーションのあり方を変えて行きたい」と説明する。

  • 11階では同社の製品や歴史を紹介する

 EBCは、タンバーグの東京オフィス7階と11階に設けられている。参加者はまず、11階でタンバーグの概要やビジョン、製品ラインアップについて説明を受ける。一体型のビデオ会議システム「Profile」シリーズを使ってプレゼンテーションを行うほか、デスクトップ端末「E20」、役員向けで端末とPCディスプレイを兼用する「Personal Telepresence 1700 MXP」、ネットワークインフラ製品群などが展示されている。

  • 7階ではビジネスシーンを想定した会議室を用意する

 11階での説明を終えると、参加者は7階に移動。ここでは会議室の大きさに応じた具体的な利用シーンを紹介する。一般的な会議室として、4人向けと6〜8人向け、より大きな大会議室を用意している。

 公家氏は、「カタログなどを見てモニタの大きさを決めた場合、実際に導入した時に想像よりも小さく感じることがある」と説明。「もうワンサイズ大きいのを買えば良かった」(同氏)といった後悔をせずに済むよう、同社が会議室の大きさに合った製品を推奨する。

 たとえば6〜8人の会議室であれば、Profileシリーズの52インチのデュアルディスプレイ、もしくは65インチ1台を推奨している。デュアルディスプレイでは、1つの画面でプレゼンテーションの資料を共有し、もう1つの画面で相手側の顔を表示する。「カタログからでは部屋に入らないと思いがちだが、実際に人数が増えると(1つの画面だけでは)小さく感じる」(公家氏)という。

 一方の65インチでは、プレゼンテーション中心の会議での活用に推奨している。ミーティングルームほどの大きさになる4人程度の会議室では42インチを推奨する。同社のこうした提案は、実際の会議という利用シーンを踏まえたものだ。家庭内でテレビを見るのとビデオ会議とでは、画面の見方が違うからだ。

  • 52インチのデュアルディスプレイを設置

  • 65インチを設置

  • 4人程度の会議室では42インチを推奨する

  • セミナールームやトレーニングルームなどを想定した大会議室。利用シーンを説明する公家氏。

 セミナールームやトレーニングルームなどを想定した大会議室では、多地点接続機能を内蔵したコーデック「Total Telepresence Engine Codec C90」を設置。部屋の前方と後方にはそれぞれカメラが備え付けられており、前方のカメラで聴衆を映し、後方のカメラで登壇者をアップで映せる。複数の遠隔地拠点でもリアルタイムのコミュニケーションが取れることで、セミナーやトレーニングといった利用シーンに活用できる。

 最後に紹介されたのがテレプレゼンスシステム「Telepresence T3」だ。「映画のようなバーチャル空間」(公家氏)と自信を見せているように、65インチのモニタを3台設置して、遠隔地との会議でありながら同じ場所にいるような会議ができる。

 テレビのニュース番組にも採用されているという青色の背景を前に、照明は人物に直接当たらないように設計。より立体的に人物が映るような仕組みになっている。また、相手側が映っているモニタから音声が聞こえ、アイコンタクトが可能なようにカメラの位置が調整されている。こうした仕組みを取ることで、「あたかも同じ部屋にいるかのように錯覚する」(公家氏)という。モニタの表示を変更するとラウンドテーブル形式で議論できるほか、会議の様子は別室で視聴することもできる。

  • T3を設置したテレプレゼンスルーム

  • デモで披露した日本とシンガポール、メルボルンの三者間通話

  • タッチパネルで操作する

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]