編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

国内ユニファイドコミュニケーション市場:VoIPサービスなどが成長率維持

富永恭子(ロビンソン)

2010-04-06 13:32

 IDC Japanは4月5日、国内ユニファイドコミュニケーション(UC)市場に関する 2009年の実績と2010〜2014年の市場予測をしポートとしてまとめた。

 調査によれば、2009年の国内UC市場は景気低迷の影響を受け、エンドユーザー価格ベースで前年比1.5%減の1905億6400万円になったものの、2009〜2014年の年間平均成長率(CAGR)4.5%で推移し、2014年の市場規模は2369億2500万円に達すると予測している。

 同社は国内UC市場について2007年から調査を継続している。今回の調査ではUC市場を、IP-PBXや企業向けVoIPサービスなどを含む「UCプラットフォーム市場」、ユニファイドメッセージングやIP会議システムなどを含む「UCアプリケーション市場」、SIサービスなどを含む「UCプロフェッショナルサービス市場」に加え、ASP型サービスを含む「UCアプリケーションサービス市場」を対象市場とし、市場規模予測を行ったという。

 また、市場規模予測では「IPテレフォニー市場」「企業向けVoIPサービス市場」「ユニファイドメッセージング/プレゼンス管理市場」「IP会議システム/テレプレゼンス市場」「IPコンタクトセンター市場」という5つに分類し、それぞれのUCソリューション市場についても個別に市場予測を行ったとしている。

 2009年の国内UC市場規模は、経済状況の低迷に伴う企業のICT設備投資動向は国内UC市場にも大きく影響し、特にIPテレフォニー市場ではその影響が大きく、前年比10.7%の大幅な減少となったという。一方、UCアプリケーション市場では、IP会議システムやIPコンタクトセンターシステムが堅調な成長を遂げ、特にASP型サービスが高い成長率を維持し、国内UC市場の下支えとなったとしている。

 同社は、国内UC市場がUCアプリケーション市場/UCアプリケーションサービス市場に牽引される傾向が中期的に継続すると予測。ソリューション別では、企業向けVoIPサービス市場、IP会議システム/テレプレゼンス市場、IPコンタクトセンター市場が高い成長率を維持するとみている。

 IDC Japan コミュニケーションズ リサーチマネージャーの眞鍋敬氏は今後の成長のキーポイントとして「国内UC市場が今後も成長を維持するためには、ユーザー企業はUCにより利用方法をシンプルにした通信プラットフォームの活用推進を、ベンダーはICT投資の新しい基準に対応した販売戦略とクラウド型UCサービスへの準備を進めるべき」と分析している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]